コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

企業別組合 きぎょうべつくみあいenterprise union

6件 の用語解説(企業別組合の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

企業別組合
きぎょうべつくみあい
enterprise union

企業内組合ともいい,企業単位で所属従業員により組織された労働組合をいう。企業の枠をこえた横断的な職業別組合および産業別組合と対比される。日本の労働組合は大多数がこの形態をとり,企業別組合の連合体が産業別組織をつくっている場合が多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

きぎょうべつ‐くみあい〔キゲフベツくみあひ〕【企業別組合】

企業別または事業所別に組織される労働組合。日本にはこの種の組合が多い。→産業別組合職業別組合

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

企業別組合【きぎょうべつくみあい】

1企業1組合という形をとる労働組合組織。会社組合とも。米国にも似たものがあるが,日本の組合組織の特徴の一つとされる。第1次大戦後インフレ高進の中で,企業別,工場別に急激に組織化されたという経緯による。
→関連項目クラフト・ユニオン在籍専従者産業別組合春闘第二組合統一協約

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きぎょうべつくみあい【企業別組合】

日本の労働組合は次の特徴をもっている。(1)一企業またはその企業に所属する事業所ごとに一つの組合がある場合が多い。(2)この企業または事業所に就業する本雇従業員は職員・労務者を問わず慣習上自動的に組合員になる。この場合監督的地位にある者やその他企業の利益を代表する者は組合員から除外されるが,その範囲は労働協約によって決められる。(3)これらの組合はそれぞれ機関構成や役員選出に関する独自の規約をもっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

きぎょうべつくみあい【企業別組合】

企業あるいは事業所を基本単位として構成される労働組合。日本の労働組合の基本的形態。 ↔ 横断組合

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

企業別組合
きぎょうべつくみあい

企業を組織単位とする労働組合。企業内組合ともいわれ、第二次世界大戦後における日本の労働組合の基本的な組織形態となっている。広義に、同一企業に所属する事業所単位の組合を網羅した企業別連合体(企業連)を含めて理解されている。企業別組合は現在も日本の単位組合の90%を占め、終身雇用年功賃金と並んで、日本的労使関係の特質を形成するものとなっている。
 労働組合の組織や形態は、その国の産業経済や歴史的な背景によってさまざまである。日本の労働組合が企業別組合として成立したのは、敗戦後、日本占領を主導したアメリカが民主主義形成の担い手として労働組合に期待し、早期かつ企業単位にその結成を奨励したこと、1920年代以来、経営家族主義の伝統や「年功」的な労使関係が存在していたこと、また日中戦争以降、生産増強の国策運動として「労資一体」を理念とする産業報国会が工場・事業場に結成されていたこと、などがあげられる。
 企業別組合の特徴の一つは、組合員の資格を特定の企業あるいは事業所の正規の従業員のみに限り、かつ工員と職員を一体で構成するいわゆる工職混合組合として組織されていることにある。
 このような企業別組合は、世界の労働組合の歴史からみると、きわめて特異な存在で、同一の技能をもって組織する職業(能)別組合や同一の産業に従事する労働者で構成する産業別組合など、特定の企業または雇用関係を超えた横断的・階級的結合を組織原理として発展してきた欧米においてはあまり例をみない。たとえば、欧米では企業または事業所単位に、労使が一体となった形で組織される組合を会社組合(company union)とよび、一般に独立性を欠くゆえに御用組合とみなされ、使用者による結成の働きかけは不当労働行為として排されている。
 日本の企業別組合は、他の同一産業の労働組合と連携を保ち、全国的な産業別単一組合(単産)の単位組織となっている。また、企業別組合は特定企業を単位としているため、企業の実態に即した労使関係を構築することができるほか、雇用、賃金、労働時間、異動、教育・研修など労働条件に関する団体交渉においても、あるいは労使紛争やストライキの発生に際しても、労使双方が状況を把握して機動的に対応することができる、という利点が指摘されている。他方、組合と組合員の関係でも、組合役員は従業員である組合員から選任されるので、執行部は現場に精通し、かつ組合員とは常時意思疎通を図ることができる、などの積極的な側面もあげられている。
 しかし、企業別組合は他の職業別、産業別の横断組合と比較した場合、労働者全体の統一や団結にとってむしろマイナスに機能している例が多い。第一に、組合員の資格と範囲が特定企業における正規の従業員に限られていることから、労働市場が企業内部に囲われ(内部労働市場)、労働組合としての機能や活動が企業の枠を踏み出しにくいものとなっている。このため、給与・手当をはじめとする組合員の労働条件は、特定企業の経営状態や使用者の方針に左右され、横断組合のように「同一労働・同一賃金」の原則や労働条件の社会的平準化を図ることが困難な事態となっている。
 第二に、労働組合としての独立性が保持しにくい。企業別組合の場合、とくに大企業においてその内部組織は、一般に支部、分会などと職制機構の各段階に対応してつくられている。このため、組織の各段階において使用者側から支配・介入を受けやすいほか、組合幹部と職制の癒着が生まれて御用組合化の傾向を帯びたり、組合分裂の危険をはらむものとなっている。
 第三に、企業意識、従業員意識の優位という問題性も内包している。企業別組合の場合、労働協約上では一般にユニオン・ショップ制がとられ、組合員の資格は当該企業の従業員身分のうえに取得される(被雇用者の組合加入の義務づけ)。このため組合員意識とか、労働者としての階級意識や連帯意識よりは、むしろ「会社あっての組合」など企業との一体意識や企業エゴイズムが優先される傾向にあり、産業別統一闘争や他の組合との連帯活動が阻害されやすい。
 第四に、企業別組合は通例、正規雇用者の従業員組合として存在し、臨時工、社外工、派遣労働者、パートタイム労働者などの非正規労働者は加入していない。このため企業内では労働条件などをめぐって組合員と非組合員との間に差別や対立が生じやすく、また労働組合それ自体、従業員全体としてのまとまりを欠く結果、使用者側に対してその交渉力を弱めている。
 日本の労働組合の組織現勢は、2001年(平成13)6月末現在で6万7706組合、組合員数1121万2000人、組織率20.7%で、いずれも1995年以来連続しての減少であった(法政大学大原社会問題研究所編『日本労働年鑑』2002年版)。この間、雇用者数(非正規雇用を含む)は増加し、2001年6月末現在で5413万人となっている(同)。
 労働組合の組織現勢が1995年以来、減少を重ねているのは、経済におけるグローバル化の時代を迎えて企業が「市場競争」にさらされ、事業の再編統合や海外への工場移転を進めていること、政府自ら「規制改革」を公約して雇用の流動化政策を進めていること、終身雇用や年功賃金など日本的な雇用制度が事実上崩れ、労働者自身、雇用形態の多様化を志向し、転職観も変わってきていること、などがあげられる。
 しかし、日本における労働組合の組織力の低下は、基本的には企業別組合としての組織原理と運動それ自体に根ざすものと考えなければならない。すなわち、日本の企業別組合は正規社員の一括加入を原則としている結果、組合員意識より従業員意識を優先する傾向にあり、他方で、1990年代以降、社会が変化して個人の生活様式も価値観も変わっているなか、組合が、組合員の多様化した要求を汲(く)み上げる新しいユニオン・アイデンティティの形成に努めず、労使協調的な路線のもとで組織を硬直化させてきた。
 企業別組合を基本形態とする日本労働組合の再生は、(1)組合自体、多様できめ細かな職場活動を展開するなかから組合員の主体性を引き出すこと、(2)地域活動や産業別の統一闘争を強めるなかで組合員の企業意識を払拭(ふっしょく)すること、(3)派遣労働者やパートタイム労働者など非正規雇用者を結集して組織力を強めること、(4)地域ユニオン、クラフト・ユニオン、女性ユニオンなど、多様な個人参加による労働組合の組織化を進めてこれのナショナルセンターへの加入促進を図る、またはこれと連携を強めること、などが条件としてあげられるであろう。[吉田健二]
『コミュニティ・ユニオン研究会編『コミュニティ・ユニオン宣言』(1988・第一書林) ▽河西宏祐著『企業別組合の理論』(1989・日本評論社) ▽稲上毅編『成熟社会のなかの企業別組合』(1995・日本労働研究機構)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の企業別組合の言及

【御用組合】より

…アメリカでは35年のワグナー法で御用組合を禁止したが,第2次大戦後の日本の前記規定もこの系譜をひくものである。日本の企業別組合は,組織形態が会社組合と類似しているため,御用組合化する危険が大きいといわれている。【遠藤 公嗣】。…

【年功的労使関係】より


[第2次大戦後の変化]
 このような年功を基礎とした人事処遇の諸制度は,第2次大戦後,とくに1960年代の高度経済成長期に,以下のような事情から,制度上も思想上もいろいろな変化を受けてきた。(1)戦後急速に成長した日本の労働組合は,前述の労使関係の制度,慣行を前提として組織されたから,その大部分が特定企業の職員,労務者の正規従業員から構成される工職混合の企業別組合であり,前述の諸制度,慣行を団体交渉,労使協議により労働協約,賃金協定,退職金協定,その他の諸規則として制度化することに努めてきた。また,敗戦後の生活困窮のため,年功賃金の生活保障的要素が強調された。…

※「企業別組合」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

企業別組合の関連情報