コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊奈波神社 イナバジンジャ

3件 の用語解説(伊奈波神社の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いなば‐じんじゃ【伊奈波神社】

岐阜市伊奈波通りにある神社。主祭神は五十瓊敷入彦命(いそにしきいりひこのみこと)。正一位伊奈波大明神

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

伊奈波神社【いなばじんじゃ】

岐阜市伊奈波通に鎮座。五十瓊敷入彦(いそにしきいりひこ)命をまつる。旧国幣小社。景行天皇の時,東夷平定に功があった同命をまつったのが始まりという。《日本霊異記》には伊奈婆とみえる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊奈波神社
いなばじんじゃ

岐阜市伊奈波通に鎮座。主神は五十瓊敷入彦命(いにしきいりひこのみこと)。相殿(あいどの)には日葉酢媛命(ひわすひめのみこと)ほか3神を祀(まつ)る。主神は第11代垂仁(すいにん)天皇の子で、この地方の開拓の祖神と伝えている。正一位伊奈波大明神とも美濃(みの)国三宮ともよばれてきたこの地方の名社。旧国幣小社。4月5日の例祭(岐阜祭)、1月15日の筒粥(つつがゆ)神事、旧暦1月晦日(みそか)の「花の撓(とう)大祭」(筒粥神事の神占(かんうら)を示して当年の豊作を祈る)が有名である。宝物には太刀(たち)(銘景依。国の重要文化財)、卜部兼前(うらべかねさき)の『神社本縁起』、神鏡など数多い。[飯尾直樹]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伊奈波神社の関連キーワード岐阜市酒列磯前神社五十菊池神社穂高神社伊太祁曾神社五十河媛五十瓊敷入彦命大中姫命御間城入彦五十瓊殖尊

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

伊奈波神社の関連情報