コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亀菊 カメギク

百科事典マイペディアの解説

亀菊【かめぎく】

鎌倉前期の白拍子(しらびょうし)。生没年不詳。伊賀局(いがのつぼね)とよばれ,後鳥羽(ごとば)上皇の寵愛を得ていた。亀菊は摂津の長江(ながえ)荘・倉橋(くらはし)荘(椋橋荘)を与えられていた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

亀菊 かめぎく

?-? 鎌倉時代の女官。
もと京都の白拍子。後鳥羽(ごとば)上皇の寵愛(ちょうあい)をうけ,摂津の長江・倉橋両荘をあたえられた。承久(じょうきゅう)元年(1219)上皇をとおして両荘の地頭の解任を執権北条義時に要求したが拒絶され,これが承久の乱の一因となったといわれる。乱後,隠岐(おき)に流された上皇にしたがい,その死までつかえた。通称は伊賀局。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

亀菊

生年:生没年不詳
鎌倉前期,後鳥羽上皇の寵姫。伊賀局。もと白拍子。寵により後鳥羽上皇から摂津国長江(豊中市)・倉橋両荘領家職を与えられる。承久1(1219)年,上皇は両荘の地頭職停廃を鎌倉幕府に申し入れるが拒絶され,それが承久の乱(1221)の要因のひとつとされる。乱後の上皇の隠岐配流に同行し,延応1(1239)年の上皇の死まで側近くに仕えた。上皇は江口(大阪市東淀川区)・神崎(尼崎市)の遊女を番に組んで廷臣に預け,白拍子を加えての今様,朗詠,舞などの盛宴を好んだという。長江・倉橋荘は神崎にも近く,亀菊を通じた上皇と神崎遊女との政治的関係にも考える余地がある。また上皇には白拍子腹の皇子,皇女が多い。<参考文献>三浦周行『鎌倉時代史』,『週刊朝日百科・日本の歴史』(中世Ⅰ‐3)

(美川圭)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かめぎく【亀菊】

鎌倉前期の白拍子,遊女。生没年不詳。後鳥羽上皇の寵愛を得て院中近く召しつかわれ,伊賀局とよばれた。白拍子や遊女が多く住む摂津国河尻・江口にほど近い長江荘,倉橋荘を賜っていたが,1219年(承久1),両荘の地頭職改易を上皇に愁訴し,上皇がこれを幕府に命じたが拒絶された。この事件は承久の乱の一つの原因となった。乱後,後鳥羽上皇が隠岐島に配流されるとこれに従ったといわれる。【小田 雄三】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かめぎく【亀菊】

もと白拍子で、後鳥羽上皇の寵姫となる。その所領の地頭停廃をめぐって、幕府と院側が対立、承久の乱の一因となったとされる。生没年未詳。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

亀菊の関連キーワード夜討曾我狩場曙伊賀局(2)印・標・証三浦周行気延へ所領

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android