伊達巻(食品)(読み)だてまき

百科事典マイペディア「伊達巻(食品)」の解説

伊達巻(食品)【だてまき】

魚のすり身をまぜた卵焼きの一種。白身の魚をすりつぶし,これに鶏卵(主として卵黄)をとき入れ,塩,砂糖,しょうゆなどで調味し,天火で平板状に焼き,すだれで巻き込む。主として口取,正月料理などにする。
→関連項目練製品

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android