コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

迦楼羅 カルラ

デジタル大辞泉の解説

かるら【×楼羅】

《〈梵〉garuḍaの音写金翅鳥(こんじちょう)と訳す》
想像上の大鳥。翼は金色で、口から火を吐き、竜を好んで食う。天竜八部衆の一。密教では仏法を守護し衆生を救うために梵天(ぼんてん)が化したとする。
伎楽面の一。1に模したもの。鳥の形をして、口の先に小さな玉をくわえる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かるら【迦楼羅】

サンスクリット名はガルダgaruḍa。インドの神話に登場する鳥類の王で竜を常食するとされる。金翅鳥(こんじちよう),妙翅鳥と漢訳されたものと同一視されている。大乗仏教では八部衆の一つに数えられている。密教においては梵天大自在天化身,あるいは文殊菩薩の化身といわれ,風雨を止めるための修法である迦楼羅法本尊とされるが,単独で造像された作例はのこっていない。形像は鳥頭人身で,胎蔵界曼荼羅に表される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かるら【迦楼羅】

Garuda「金翅こんじ鳥」の意〕
仏典にみえる想像上の大鳥。金色で鷲わしに似ていて、口から火を吐き、竜を取って食うとされる。仏教を守護する天竜八部衆の一。密教では、衆生を救うために梵天が化した姿とする。がるら。 → ガルーダ
伎楽面ぎがくめんの一。を模したもの。口先に玉をくわえた鳥の面。 → 伎楽面

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

迦楼羅
かるら

ガルダ」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

迦楼羅
かるら

インド神話上の架空の鳥。サンスクリット語のガルダgaruaの音写。(がろだ)、迦留羅(かるら)、掲路荼(がろだ)などとも書く。またガルダと同視される神話的な鳥スパルニンsuparin(金翅(こんじ)鳥、妙翅(みょうし)鳥)の訳でもある。鳥類の王で四天下の大樹におり、竜(りゅう)を食う獰猛(どうもう)な大怪鳥であるという。大乗の経典のなかでは、仏法を守護する天竜八部衆(てんりゅうはちぶしゅう)の一とされる。密教では大梵天(ぼんてん)、大自在天(じざいてん)の化身、または文殊(もんじゅ)の化身とされ、胎蔵界曼荼羅外金剛部(たいぞうかいまんだらげこんごうぶ)に位する。[伊藤瑞叡]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の迦楼羅の言及

【八部衆】より

…非天と訳されることもある。(6)迦楼羅(ガルダgaruḍa) 鷲が神格化されたもの。金翅鳥(こんじちよう)とも訳され,竜のライバル。…

※「迦楼羅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

迦楼羅の関連キーワードサヤーサン天竜八部衆二十八部衆瀬々敬久三十三身不動明王北藤浮生ガルーダ青不動ナーガ伎楽面荘厳具大鳥伎楽衆生仏法

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

迦楼羅の関連情報