コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐々目郷 ささめごう

百科事典マイペディアの解説

佐々目郷【ささめごう】

武蔵国足立(あだち)郡の中世郷。笹目・篠目とも書く。現埼玉県さいたま市南西部から戸田市西部にかけた地域とみられる。鎌倉鶴岡八幡宮領。《鶴岡八幡宮寺供僧次第》に,1293年佐々目郷地頭方を鶴岡八幡宮に寄進したとあるのが初見。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

佐々目郷の関連キーワード下地中分領家逃散悪党

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android