佐原真(読み)さはら まこと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐原真 さはら-まこと

1932-2002 昭和後期-平成時代の考古学者。
昭和7年5月25日生まれ。39年奈良国立文化財研究所にはいり,同埋蔵文化財センター研究指導部長をへて,平成9年国立歴史民俗博物館館長。弥生土器,銅鐸(どうたく),石器など弥生文化を研究。また,比較文化史の視点から日本文化の特質追究。平成14年7月10日死去。70歳。大阪出身。大阪外大卒。著作に「祭りのカネ銅鐸」「日本人の誕生」「騎馬民族は来なかった」「食の考古学」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

佐原真の関連情報