コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐原真 さはら まこと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐原真 さはら-まこと

1932-2002 昭和後期-平成時代の考古学者。
昭和7年5月25日生まれ。39年奈良国立文化財研究所にはいり,同埋蔵文化財センター研究指導部長をへて,平成9年国立歴史民俗博物館館長。弥生土器,銅鐸(どうたく),石器など弥生文化を研究。また,比較文化史の視点から日本文化の特質追究。平成14年7月10日死去。70歳。大阪出身。大阪外大卒。著作に「祭りのカネ銅鐸」「日本人の誕生」「騎馬民族は来なかった」「食の考古学」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

佐原真の関連キーワードモース(Edward Sylvester Morse)遠賀川式土器蛸壺形土器浜田耕作多頭石斧大森貝塚国府遺跡石包丁貝包丁モース石鑿

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

佐原真の関連情報