コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐用町 さよう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

佐用〔町〕
さよう

兵庫県西部,千種川流域にある町。西は岡山県に接する。 1928年町制。 1955年平福町および長谷村,石井村,江川村の3村と合体。 2005年上月町,南光町,三日月町と合体。千種川およびその支流域に沖積平野丘陵地が広がり,米,野菜,雑穀栽培を中心とした農業が行なわれる。特産は朝霧茶,ダイズなど。西部の大撫山 (435m) は早くから千種鉄 (砂鉄) の産地として知られた。中部の平福は中世は利神城 (りかんじょう) の城下町,近世は姫路と鳥取を結ぶ因幡街道屈指の宿場町で,代官屋敷のあったところ。旧街道沿いの民家に当時の面影が残る。南部の丘陵地に播磨科学公園都市があり,大型放射光施設のSPring-8などが設置されている。国指定重要文化財を有する瑠璃寺,最明寺などの古刹があり,上三河の舞台は国の重要有形民俗文化財に指定。北部山岳地帯は,音水ちくさ県立自然公園および氷ノ山後山那岐山国定公園に属する。 JR姫新線,智頭急行が佐用駅で連絡。中国縦貫自動車道,国道 179号線,373号線が通る。面積 307.44km2。人口 1万7510(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

佐用町の関連キーワード兵庫県佐用郡佐用町大木谷兵庫県佐用郡佐用町下三河兵庫県佐用郡佐用町小日山兵庫県佐用郡佐用町円光寺兵庫県佐用郡佐用町小赤松兵庫県佐用郡佐用町下本郷兵庫県佐用郡佐用町下徳久兵庫県佐用郡佐用町下秋里兵庫県佐用郡佐用町大日山兵庫県佐用郡佐用町奥金近兵庫県佐用郡佐用町奥長谷兵庫県佐用郡佐用町円應寺兵庫県佐用郡佐用町上本郷兵庫県佐用郡佐用町下石井兵庫県佐用郡佐用町上秋里兵庫県佐用郡佐用町上石井兵庫県佐用郡佐用町口長谷兵庫県佐用郡佐用町口金近兵庫県佐用郡佐用町大垣内兵庫県佐用郡佐用町大下り

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

佐用町の関連情報