山口長男(読み)やまぐち たけお

美術人名辞典の解説

山口長男

洋画家。韓国ソウル生。東美校卒。牛島憲之・岡田謙三らと上杜会を結成渡仏し、佐伯祐三・彫刻家ザッキンの影響をうける。帰国後、抽象画を描き二科展へ出品。東郷青児藤田嗣治を顧問に九室会を結成。国内のみならず、国際展でも活躍。昭和37年芸術選奨文部大臣賞受賞。武蔵野美術大学教授。昭和58年(1983)歿、80才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

山口長男【やまぐちたけお】

画家。韓国ソウル生れ。1927年東京美術学校卒業後,佐伯祐三を慕って荻須高徳とともに渡仏。パリで石彫も学ぶ。1931年帰国,二科展入選。1945年二科会会員。1954年から1974年まで武蔵野美術学校教授。へらで塗り込まれたマティエールをもつ非形象的絵画を制作した。1980年東京国立近代美術館で回顧展。《山口長男作品集》がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山口長男 やまぐち-たけお

1902-1983 昭和時代の洋画家。
明治35年11月23日朝鮮漢城生まれ。フランスにわたりザッキンの影響をうける。帰国後二科展に抽象絵画を出品,九室会を結成。戦後は国際展でも活躍し,昭和37年芸術選奨。武蔵野美大教授。昭和58年4月27日死去。80歳。東京美術学校(現東京芸大)卒。作品に「作品(かたち)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やまぐちたけお【山口長男】

1902~1983) 洋画家。ソウル生まれ。渡仏し、佐伯祐三、ザッキンらと交流。簡潔な色彩と重厚な質感の抽象画をきわめ、海外でも高く評価された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山口長男
やまぐちたけお
(1902―1983)

洋画家。漢城(現ソウル)生まれ。父は現在の鹿児島県薩摩川内(さつませんだい)市の出身。1921年(大正10)上京し、本郷洋画研究所に学ぶ。27年(昭和2)東京美術学校西洋画科を卒業し、同年フランスに渡る。佐伯祐三(さえきゆうぞう)、ザッキンに私淑し、抽象作風に移り、31年帰国して二科展に出品。二科会の前衛グループ九室会の一員として活躍。45年二科会の再結成に会員として参加する。54年(昭和29)第1回現代日本美術展で優秀賞、昭和36年度芸術選奨文部大臣賞を受けるほか、ベネチアやサン・パウロのビエンナーレ展に出品。簡潔にして重厚な抽象作風により国際的に知られる。武蔵野(むさしの)美術大学教授。代表作は『池』『象(かたち)』『構成』『転』など。[小倉忠夫]
『乾由明編『山口長男作品集』(1981・講談社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android