コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

作山古墳 ツクリヤマコフン

デジタル大辞泉の解説

つくりやま‐こふん【作山古墳】

岡山県総社市にある前方後円墳。全長約270メートルで、吉備(きび)地方で2番目の規模。5世紀ごろの築造。さくざんこふん。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

作山古墳
つくりやまこふん

作山は人工の山の意で、大規模な前方後円墳が多い。[今井 尭]

三須作山古墳

岡山県総社(そうじゃ)市三須(みす)にある。突出した丘陵を切ってつくられた全長286メートルの前方後円墳。後円部径170メートル、高さ16メートル、前方部幅160メートル、高さ10メートル、くびれ部の前方部寄り両側に造り出しがある。葺石(ふきいし)、形象埴輪(はにわ)、3段の円筒埴輪列があり、円筒埴輪には窖窯(あながま)で焼かれたものも混在する。未掘であるが、5世紀中葉。1921年(大正10)国史跡に指定。1983年(昭和58)周廷帯を確認。[今井 尭]

加悦作山古墳

京都府与謝(よさ)郡与謝野(よさの)町明石(あけし)(旧加悦(かや)町地区)にある。全長35メートルの帆立貝(ほたてがい)形前方後円墳。家形・器財・円筒埴輪がある。後円部中央に花崗岩(かこうがん)製組合せ式石棺が置かれ、成人男性が埋葬されていた。棺内頭部から鏡、石釧(いしくしろ)、玉類が、脚部外方の副室から剣、刀子(とうす)、斧(おの)(やりがんな)、鎌(かま)が出土した。5世紀前半。1930年(昭和5)国史跡に指定。蛭子山(えびすやま)古墳(全長145.4メートル)に近接する。[今井 尭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の作山古墳の言及

【吉備】より

…古墳時代に入ると,主として5世紀代に畿内とならぶ大古墳を営造する。全長100m以上の前方後円墳は18基あり,うち造山古墳は350mで全国第4位,作山古墳は270mで第13位の規模をもち,その政治権力の強大さを物語る。これらの大古墳は邑久・砂川流域,旭川流域,笹ヶ瀬川・足守川流域,総社地域に集中するが,その他の河川流域の小盆地にもそれぞれの首長墓が営まれた。…

【備中国】より

… 吉備は畿内地域とならぶ古代の先進地帯で,備中南部には巨大古墳が多い。すでに弥生終末期に径約50m,高さ約5mの楯築(たてつき)墳丘墓があるが,5世紀代には墳丘長約350mで全国第4位の前方後円墳である造山(つくりやま)古墳,約270mで第13位の作山(つくりやま)古墳などがとくに著名である。これらは吉備地域全体の盟主的地位を占めた最高首長の墳墓であろう。…

※「作山古墳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

作山古墳の関連キーワード吉備路風土記の丘県立自然公園日吉ヶ丘作山古墳〈岡山県〉造山古墳・作山古墳三須作山古墳加悦作山古墳岡山県総社市加悦[町]総社古墳群総社(市)与謝野町丹後国加悦

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android