コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

造山古墳 ツクリヤマコフン

デジタル大辞泉の解説

つくりやま‐こふん【造山古墳】

岡山市新庄下にある前方後円墳。全長約350メートルで、吉備(きび)地方で最大の規模。5世紀ごろの築造。ぞうさんこふん。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

造山古墳【つくりやまこふん】

岡山県岡山市高松にある前方後円墳(史跡)。平地に築かれた全長約360mの大墳で,規模は国内で4番目である。葺石(ふきいし),円筒埴輪(はにわ)が認められる。前方部頂上に長持形石棺が置かれていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

国指定史跡ガイドの解説

つくりやまこふん【造山古墳】


岡山県岡山市北区新庄下にある古墳。指定名称は「造山古墳 第一-二-三-四-五-六古墳(だいいちにさんしごろくこふん)」。築造は5世紀前半と推定され、全国第4位の規模で、築造時においては全国で最大規模とされる。1921年(大正10)に国の史跡に指定された。前方部3段、後円部3段築成の前方後円墳で、全長350~360m。前方部幅230m、長さ170m、高さ27m、後円部径224m、高さ32.5m、頂径48×46m、くびれ部の幅115mで、くびれ部の両側に造り出しがある。2010年(平成22)の発掘調査によって、幅約20mの周濠が確認された。また、各段には円筒埴輪(はにわ)が並び、葺石(ふきいし)が葺かれていた。内部施設の発掘調査は行われておらず不明であるが、周囲から円筒埴輪、楯、衣蓋(きぬがさ)、靱(ゆき)、家などの形象埴輪片が多数見つかっている。造山古墳は5世紀前半の吉備を支配した王の墓と推定されており、その西側一帯に築かれた6基の中小規模の古墳は、王に仕えた近臣たちの墓(陪塚(ばいちょう))とみなされる。第一古墳(榊山(さかきやま)古墳)と第五古墳(千足(せんぞく)古墳)は古くに発掘され、榊山古墳からは国内唯一例の馬形帯鉤(ベルトのバックル)などが出土した。前方部上には石棺が残っており、墳丘は見学ができる。千足古墳は全長75mの前方後円墳で、横穴式石室の石障には直弧文が刻まれた装飾古墳である。JR伯美線ほか総社駅から総社バス「吉備路もてなしの館」下車、徒歩約20分。

出典|講談社国指定史跡ガイドについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

造山古墳
つくりやまこふん

「作山」同様、人工の山の意で、この名の古墳は各地にある。[今井 尭]

荒島造山古墳

島根県安来(やすぎ)市荒島(あらしま)にある。造山1号墳ともよばれる、東西辺60メートル、南北辺55メートルの方墳で、列石、葺石(ふきいし)、特殊円筒形土器片がある。埋葬施設は狭長な竪穴(たてあな)式石室が平行して二つ設けられている。第一石室は長さ7メートル、幅・高さ1メートルの扁平割石小口積(へんぺいわりいしこぐちづみ)石室で、割竹(わりたけ)形木棺を内包し、方格規矩鏡(ほうかくきくきょう)、三神三獣鏡、管玉(くだたま)、刀などが出土した。第二石室は長さ5.5メートルの石室で、方格規矩鏡、碧玉紡錘車(へきぎょくぼうすいしゃ)、管玉、剣、大刀6、刀子(とうす)が出土し、石室上部から葬送用特殊円筒土器が検出された。前方後方墳の造山2号墳、方墳の造山3号墳があり、1号・3号墳は、ともに前期古墳に属する。1936年(昭和11)国史跡に指定された。[今井 尭]

加茂造山古墳

岡山市北区新庄下(しんじょうしも)(旧加茂(かも)村)にある全長350メートルの前方後円墳。後円部径200メートル、高さ24メートル、前方部幅215メートル、高さ19メートルの三段築成の墳丘をもつ。径42メートルの後円部頂平坦(へいたん)部には巨大な直弧文楯(ちょっこもんたて)、靭(ゆぎ)、蓋(きぬがさ)、家などの形象埴輪(はにわ)が置かれている。墳丘上には三列に巡る円筒埴輪列があり、埴輪の特徴は窖窯(あながま)使用以前のものである。内部は未発掘であるが、前方部には巨大な刳抜(くりぬき)式の長持(ながもち)形石棺がある。前方部前面には千足(せんぞく)古墳、榊山(さかきやま)古墳などの陪塚(ばいづか)がある。5世紀前半から中葉。1921年(大正10)国史跡に指定。[今井 尭]
『森貞成「出雲国能義郡荒島村出土の遺物について」(『考古学雑誌』29巻12号所収・1939・日本考古学会) ▽西川宏「岡山県造山古墳とその周辺の前半期古墳」(『古代学研究』60号所収・1971・古代学研究会) ▽梅原末治「桑飼村蛭子山・作り山両古墳の調査」(『京都府史跡名勝天然記念物調査報告』12、14所収・1931、32・京都府)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の造山古墳の言及

【岡山[県]】より

…また玉野市は造船の町,総社市は内陸工業と住宅の町としての性格をもってきた。この背後の吉備路風土記の丘,すなわち岡山市西部から総社市東部にかけては,備中国分寺跡(総社市),備中一宮の吉備津神社,造山古墳(岡山市),作山古墳(総社市)など古代吉備の遺跡,史跡が豊富に残り,また岡山市の後楽園,備前市の閑谷(しずたに)学校など近世の文化を伝える史跡も多く,都市化の波は田園地帯を蚕食しつつあるものの,中都市の良さを残している。
[備南,美作,備北の3地域]
 県内での自然条件,歴史的背景に現在の経済的結びつきを加えて県域は備南,美作および備北の3地域に区分される。…

【吉備】より

…古墳時代に入ると,主として5世紀代に畿内とならぶ大古墳を営造する。全長100m以上の前方後円墳は18基あり,うち造山古墳は350mで全国第4位,作山古墳は270mで第13位の規模をもち,その政治権力の強大さを物語る。これらの大古墳は邑久・砂川流域,旭川流域,笹ヶ瀬川・足守川流域,総社地域に集中するが,その他の河川流域の小盆地にもそれぞれの首長墓が営まれた。…

【備中国】より

… 吉備は畿内地域とならぶ古代の先進地帯で,備中南部には巨大古墳が多い。すでに弥生終末期に径約50m,高さ約5mの楯築(たてつき)墳丘墓があるが,5世紀代には墳丘長約350mで全国第4位の前方後円墳である造山(つくりやま)古墳,約270mで第13位の作山(つくりやま)古墳などがとくに著名である。これらは吉備地域全体の盟主的地位を占めた最高首長の墳墓であろう。…

※「造山古墳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

造山古墳の関連キーワード吉備路風土記の丘県立自然公園造山古墳・作山古墳荒島造山古墳加茂造山古墳荒島古墳群安来(市)岡山(市)総社古墳群備中高松円筒埴輪備後国安来市北区方墳安来

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

造山古墳の関連情報