コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

作業教育 さぎょうきょういくmanual training

翻訳|manual training

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

作業教育
さぎょうきょういく
manual training

園芸,工作などの活動を通じて,必要な技能,習慣,知識を実地に指導すること。また,作業は実業科の実習や機器用具の操作,野外調査などに伴うさまざまな活動を含むことがある。歴史的には J.-J.ルソー,J.ペスタロッチ,R.オーウェン,K.マルクス,G.ケルシェンシュタイナー,J.デューイらが作業や生産労働の教育的意義を説いたが,人間形成への影響を重視する労作教育に対して,これは作業に即しての実際的教育という意味で一応区別される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

さぎょうきょういく【作業教育】

生産的な意味をもつ身体的諸活動を通じて人間形成を行おうとする教育方法。 → 労作教育

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の作業教育の言及

【ケルシェンシュタイナー】より

…ドイツの教育行政官,教育学者。10余年間のギムナジウム教師としての実践を経て,1895年から1919年まで生誕地ミュンヘン市の視学官を務め,とりわけ実業補習学校(職業学校の前身)の改革を推進し,ドイツに固有な職業教育制度の基礎を培った。さらに1918年から病死するまで,ミュンヘン大学の教授として教育学の理論的研究に専念した。教育理論史上に顕著な彼の主張は労作(作業)教育説と公民教育説である。彼は学校改革のモデルとして労作学校(作業学校)の創設を提起したが,単なる知識の伝達よりも,集団的な手仕事的作業を通しての技術的・精神的・道徳的諸能力の発達を重視した。…

※「作業教育」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報