保渡田古墳群(読み)ほどたこふんぐん

国指定史跡ガイドの解説

ほどたこふんぐん【保渡田古墳群】


群馬県高崎市保渡田町にある古墳群。榛名(はるな)山の南の沖積平野を背景に、緩傾斜地を東南に流れる井野川の東岸に位置する。二子山古墳、八幡塚古墳、薬師塚古墳の3基の大規模前方後円墳からなる。3基はいずれも舟形石棺を埋葬主体とし、5世紀末から6世紀前半にかけて築造されたものと考えられ、1985年(昭和60)に国の史跡に指定、2003年(平成15)に追加指定された。二子山古墳と八幡塚古墳は内堀に中島が4つあり、中堤帯上に埴輪(はにわ)配列があるなど共通した特徴をもつ。二子山古墳墳丘主軸の長さ111m、前方部幅75.5m、後円部の径75mと大型で、かつて『考古学雑誌』に「上野国愛宕塚」と発表された。八幡塚古墳は主軸の長さ100m、前方部幅57m、後円部径56mで、3段築成の墳丘には2重の堀をめぐらしており、形象埴輪配列区は有名。薬師塚古墳は1683年(天和3)に主体部が掘られ、馬具などの副葬品が多数出土し、重要文化財となっており、石棺は墳丘上に保管されている。一帯は上毛野はにわの里公園として整備されている。JR上越新幹線ほか高崎駅から車で約20分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

保渡田古墳群の関連情報