八幡塚古墳(読み)はちまんづかこふん

世界大百科事典 第2版の解説

はちまんづかこふん【八幡塚古墳】

栃木県那須郡小川町吉田に所在する前方後方墳。栃木県東部を南流する那珂川中流域西岸の河岸段丘上に,西面して築かれる。1953年に三木文雄らが発掘した。前方部の先端がすでに削られていたが,全長は復原で68m,後方部の一辺は34mを測る。墳丘に河原石の葺石(ふきいし)をそなえるが,埴輪を欠く。後方部で,古墳の主軸に平行する埋葬施設を検出した。割竹形木棺の両端に粘土塊をおいた一種の木棺直葬の方式をとる。木棺は腐朽して残存していなかったが,棺長6.55mと推定されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android