コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八幡塚古墳 はちまんづかこふん

2件 の用語解説(八幡塚古墳の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

はちまんづかこふん【八幡塚古墳】

栃木県那須郡小川町吉田に所在する前方後方墳。栃木県東部を南流する那珂川中流域西岸の河岸段丘上に,西面して築かれる。1953年に三木文雄らが発掘した。前方部の先端がすでに削られていたが,全長は復原で68m,後方部の一辺は34mを測る。墳丘に河原石の葺石(ふきいし)をそなえるが,埴輪を欠く。後方部で,古墳の主軸に平行する埋葬施設を検出した。割竹形木棺の両端に粘土塊をおいた一種の木棺直葬の方式をとる。木棺は腐朽して残存していなかったが,棺長6.55mと推定されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

八幡塚古墳の関連キーワード栃木県那須郡那珂川町小川栃木県那須郡那珂川町小砂栃木県那須郡那珂川町健武栃木県那須郡栃木県那須郡那珂川町馬頭栃木県那須郡那珂川町三輪栃木県那須郡那珂川町矢又栃木県那須郡那須町湯本栃木県那須郡那珂川町吉田栃木県那須郡那珂川町和見

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone