コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八幡塚古墳 はちまんづかこふん

2件 の用語解説(八幡塚古墳の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

はちまんづかこふん【八幡塚古墳】

栃木県那須郡小川町吉田に所在する前方後方墳。栃木県東部を南流する那珂川中流域西岸の河岸段丘上に,西面して築かれる。1953年に三木文雄らが発掘した。前方部の先端がすでに削られていたが,全長は復原で68m,後方部の一辺は34mを測る。墳丘に河原石の葺石(ふきいし)をそなえるが,埴輪を欠く。後方部で,古墳の主軸に平行する埋葬施設を検出した。割竹形木棺の両端に粘土塊をおいた一種の木棺直葬の方式をとる。木棺は腐朽して残存していなかったが,棺長6.55mと推定されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone