コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八幡塚古墳 はちまんづかこふん

世界大百科事典 第2版の解説

はちまんづかこふん【八幡塚古墳】

栃木県那須郡小川町吉田に所在する前方後方墳。栃木県東部を南流する那珂川中流域西岸の河岸段丘上に,西面して築かれる。1953年に三木文雄らが発掘した。前方部の先端がすでに削られていたが,全長は復原で68m,後方部の一辺は34mを測る。墳丘に河原石の葺石(ふきいし)をそなえるが,埴輪を欠く。後方部で,古墳の主軸に平行する埋葬施設を検出した。割竹形木棺の両端に粘土塊をおいた一種の木棺直葬の方式をとる。木棺は腐朽して残存していなかったが,棺長6.55mと推定されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

国指定史跡ガイドの解説

はちまんづかこふん【八幡塚古墳】


保渡田古墳群(ほどたこふんぐん)

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

八幡塚古墳の関連キーワード栃木県那須郡那珂川町吉田那珂川(町)(栃木県)那須小川古墳群那珂川町

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android