コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

威嚇色 いかくしょく threatening coloration

5件 の用語解説(威嚇色の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

威嚇色
いかくしょく
threatening coloration

動物の標識色 signal colorationの一型で,特に目立つ色彩,斑紋,形状によって,捕食されるのを避けると考えられるもの。たとえばアゲハチョウ幼虫の眼状紋はその例であるが,この幼虫が同時に悪臭のある「つの」を突き出すことも考えると,警戒色とも考えられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いかく‐しょく〔ヰカク‐〕【威嚇色】

動物の標識色の一。奇妙な色や斑紋(はんもん)によって、捕食者の攻撃をかわすと考えられるもの。ガの翅(はね)やチョウの幼虫の眼状紋など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

威嚇色【いかくしょく】

動物の色彩や斑紋の中で,相手を威嚇し,それによって捕食を免れる効果をもつもの。チョウやガの成虫や幼虫に見られる眼状紋はその例。普段は隠されていることが多く,攻撃された時に突然それを示す行動と結びついて効果をあげる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

いかくしょく【威嚇色】

動物の体色で、同種の他の個体や捕食しようとして近づいてくる他の動物に対し、威嚇の効果を示すもの。ガのはねの眼状紋など。 → 警戒色保護色

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

威嚇色
いかくしょく

動物の体表にみられる色彩のなかで、捕食者や同種の他個体に対して威嚇の効果があるものをいう。その動物が同時に毒や武器を有する場合は、区別して警戒色とよぶ。一種の標識色であり、環境のなかでよく目だつ色彩や模様になっている。ガのはねの目玉模様はその典型的な例である。普段はむしろ目だたぬように隠されていて、威嚇行動に伴って突如相手に向けて誇示されるようになっていることが多い。[木村武二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の威嚇色の言及

【体色】より

…前者はいわゆる保護色の範疇(はんちゆう)に入るもので,その動物の存在を目だたなくすることによって,生存価を高めると考えられるような色である。後者は逆に,わざわざその存在を目だたせることによって生存価を高めるもので,同種異性の発見,認知に役だつ認識色recognition coloration,捕食者を驚かす威嚇色threatening coloration,自分が有毒ないし不味であることを示して捕食されることを避ける警告色(警戒色)warning coloration,警告色をもった他動物に似た姿,体色をもつことによって捕食者を欺く擬態とに分けられる。しかし,ほとんどすべての場合,動物の体色は多面的な機能をもっており,例えばチョウの羽の色,模様は認識色であると同時に隠蔽的機能をもつ。…

【保護色】より

… さらに隠蔽色は,まったく逆の形で適応的意味をもつ体色,つまり標識色signal colorationと組みあって,その効果を強めている。標識色というのは,きわめて目だちやすい色彩をとることによって,その動物の存在を相手に知らせ,それによってその動物が利益を得るような体色のことで,敵をびっくりさせる威嚇色threatening coloration(芋虫やガの目玉模様など),自分が有毒,危険な動物であることを相手に知らせる警告色warning coloration(ハチの黄と黒の縞模様,毛虫の赤と黒のはでな毛の色,毒をもつ魚,カエル,ヘビのはでな斑紋など),ほんとうは有毒でも危険でもないのに,有毒動物の警告色や体形をまねた擬態,および同じ種の動物個体間で,雌雄,親子などが認識しあう認識色(チョウの翅の色,哺乳類・鳥類の雛の親とまるでちがう体色など)に分けられる。 このような標識色をもつ動物にも,二つの形の色をともにそろえている場合が多い。…

※「威嚇色」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

威嚇色の関連キーワード胃腔後生動物水生動物体腔動物下等動物動物界動物的動物の森動物性脂肪微胞子虫目

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone