コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

信濃国分寺跡 しなのこくぶんじあと

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

信濃国分寺跡
しなのこくぶんじあと

長野県上田市国分にある寺院址奈良時代旧跡が,現国分寺の南方約 300mの字仁王堂にあり,古瓦を出土するとともに,土壇礎石などが遺存していた。 1963,66年に発掘調査が行われ,金堂跡,講堂跡などが検出され,方約 600尺 (約 180m) の四至もほぼ明らかとなった。また,無文鬼瓦をはじめ,古瓦類,土器,釘などが発見されている。なお,現国分寺は薬師堂 (江戸時代建造) と三重塔 (室町時代の建造) が中心をなしており,近世以降盛大となった八日堂縁日の場として知られている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

国指定史跡ガイドの解説

しなのこくぶんじあと【信濃国分寺跡】


長野県上田市国分にある寺院跡。1930年(昭和5)に礎石の状態がいい中心部が史跡に指定されたが、その後の発掘調査の結果、金堂跡や講堂跡、塔跡や回廊跡などの存在が明らかになった。さらに西方に接して国分尼寺跡の遺構も発掘されたため、1967年(昭和42)、指定地域が拡大された。僧の寺である国分寺跡は100間(約178m)四方の寺域のなかに、中門や金堂、講堂、回廊、塔、僧房の建物跡があり、伽藍(がらん)配置は中門・金堂・講堂が南北一直線に並んで中門と講堂を回廊でつなぎ、塔を金堂の東南に置く東大寺(国分寺)式の様式である。金堂には釈迦如来像が、塔には金光明最勝王経が祀られた。また、国分尼寺も中門や金堂、講堂、回廊、経蔵、尼坊、北門などの建物跡が発見され、1辺が約148mの築地塀で囲まれた80間四方と推定されている。1967年(昭和42)には、国分寺跡の北東側約200mの地点から国分寺瓦を焼いたとみられる窯跡(かまあと)が2基発見され、平安時代初期に国分寺補修用の瓦を焼いたものと考えられる。国分寺の近くにほぼ完全な窯跡が発見された例は全国的にも少なく、この窯跡は重要な遺構とされる。この国分寺跡と国分尼寺跡は築地塀の間が約40mときわめて近く、全国でも2つの寺が並んで発見され、史跡として本格的に整備された例は信濃国分寺跡が最初とされる。1980年(昭和55)には歴史博物館が信濃国分寺跡に建設され、出土した鐙瓦(あぶみがわら)や軒瓦(のきがわら)、円面硯(えんめんけん)、陶磁器、土器などを中心に、上田地方の原始から平安時代までの考古・歴史資料を常設展示している。しなの鉄道信濃国分寺駅から徒歩約5分。

出典|講談社国指定史跡ガイドについて | 情報

信濃国分寺跡の関連キーワード上田市立信濃国分寺資料館

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android