候補者男女均等法

  • こうほしゃだんじょきんとうほう
  • こうほしゃだんじょきんとうほう〔コウホシヤダンヂヨキントウハフ〕

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

国会と地方議会選挙で、男女の候補者数をできる限り「均等」にするよう政党努力を求める法律。昨年5月に全会一致で成立し、施行された。フランスには候補者男女同数法(パリテ法)があるため、「日本版パリテ法」とも呼ばれる。同法のもと、今年4月の統一地方選では女性議員の割合が軒並み上がった。

(2019-07-13 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国会や地方議会の選挙で男女の候補者数をできる限り均等にするよう政党や政治団体に求める法律。超党派の議員立法として2018年(平成30)5月に公布、施行された。正称は「政治分野における男女共同参画の推進に関する法律」(平成30年法律第28号)。フランスの政党に候補者を男女半々とするよう義務づけたパリテ法(候補者男女均等・同数法、2001年施行)にならって、日本版パリテ法とよばれることもある。男性より議員数が劣りがちな女性議員を増やし、女性の意見や視点を国や地方の立法や政策に反映しやすくするねらいがある。ただ男女同数から外れるほど政党助成金を強制的に減らされるパリテ法と異なり、日本の候補者男女均等法は理念法であって罰則規定がなく、実効性に欠けるとの指摘が女性・人権団体などから出ている。
 海外では1990年代から、多様な民意を政治に反映させるため、候補者数や議席数の一定割合を女性に割り当てるクオータ(割当て)制度の導入が進んだ。男女ペアでの立候補を義務づけたり、比例候補者名簿の順を1位から男女交互にしたりするなどの手法が普及し、世界約130の国・地域がクオータ制度を導入済みである。女性議員比率が低かったフランスではパリテ法施行後、女性議員比率が5割に近づいた。国際機関の列国議会同盟の調査では、日本の女性議員比率は、衆議院や地方議会で1割台、参議院で2割台にとどまり、女性の政治進出では世界193か国中160番目(2018年5月時点)と大幅に遅れている。[矢野 武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

候補者男女均等法の関連情報