先山(読み)せんざん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

先山
せんざん

兵庫県南部,淡路島の中心部にある花崗岩標高 448m。洲本市に属する。淡路富士とも呼ばれるピラミッド形の山で,山頂からの眺望は雄大。山頂の千光寺は延喜年間 (901~923) に寂忍法師が創建した名刹で,淡路巡礼第1番の札所

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

さき‐やま【先山/前山】

鉱山の切羽(きりは)で、第一線に立って採掘を行う、熟練した作業員。⇔後山(あとやま)
沿岸を航海中に、船の前方に見える目標となる山。⇔後山

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

先山【さきやま】

かつて炭鉱の切羽(きりは)で採掘に当たる鉱夫を先山,積込運搬者を後山(あとやま)と呼び,夫が先山,妻が後山となり夫婦同一切羽で作業することが多かった。のちには,先山は技術の優秀な熟練工員のことをいい,作業班の指導者として後山を指導しながら安全に注意して作業を行った。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さきやま【先山】

炭鉱の採炭作業場において,昔は2人1組となって1人はつるはしで石炭を掘り他の1人はその石炭の積込運搬をした。この掘る人を先山といい,積込運搬をする人を後山(あとやま)といった。しかし今日では,先山といえば技術の優秀な熟練鉱員のことをいい,先山は作業班の指導者として後山を指導しながら安全に注意して仕事をする。【大橋 脩作】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

せんざん【先山】

兵庫県淡路島の中央部にある山。海抜448メートル。山頂に高野山真言宗の別格本山千光寺がある。淡路富士。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

先山
せんざん

兵庫県淡路島(あわじしま)の中央部、洲本(すもと)市にある山。標高448メートル。孤立した花崗(かこう)岩山地で、山容から淡路富士ともよばれ、瀬戸内海国立公園の一部。山頂にはスダジイ、タブノキなどの暖帯林がある。国生み神話で最初にできた山として先山と名づけられたといい、島民の信仰が厚い。山頂に真言宗の名刹(めいさつ)千光寺があり、五七日忌に遺髪を携えて登る人や越年の法会に参拝する人々が多い。梵鐘は国の重要文化財。[大槻 守]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android