コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光導電セル コウドウデンセル

4件 の用語解説(光導電セルの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こうどうでん‐セル〔クワウダウデン‐〕【光導電セル】

光伝導セル

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

光導電セル【こうどうでんセル】

光導電管とも。半導体光伝導を利用して光の強度の変化を電流の変化に変換する素子。半導体には硫化カドミウムが広く用いられ,高感度・小型・低電圧・長寿命などの長所があるのでカメラ自動絞りテレビ受像機の自動輝度調整等多方面に利用される。
→関連項目光電効果光電素子

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

光導電セル
こうどうでんセル

光導電素子」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

光導電セル
こうどうでんせる
photoconductive cell

半導体の光導電効果を利用した光検知器。通常、高抵抗の半導体に光を照射すると、電気抵抗の減少が観測される。これを光導電効果とよび、半導体中での電流の運び手である伝導電子あるいは正孔が、光の照射によって一時的に増加するためであると説明されている。光導電効果を利用した光検出器としては、半導体の電気抵抗変化を一定電圧印加のもとでの電流変化として直接に読み取るようにした狭義の光導電セルと、半導体のpn接合の逆方向飽和電流の変化として読み取るホトダイオード、内部に増幅機能を有するホトトランジスタ、pn接合の両端の電圧変化を読み取る光起電力セルなどがある。通常、光導電セルとよばれるものは、半導体内に明確なpn接合をもたない、狭義のものである。
 半導体の光導電効果は、半導体を構成する原子間の結合にあずかる電子が光で励起され、半導体内を自由に動くことのできる電子になるためで、それに必要な最低エネルギーは原子の結合によって異なる。これを光学的禁止帯幅とよび、半導体の性質を表す重要な物質定数である。光導電セルは使用される光の波長域によって、光学的禁止帯幅の異なる材料を選ばなくてはならない。すなわち、可視光用としては比較的に禁止帯幅の大きな硫化カドミウムCdSやセレン化カドミウムCdSe、赤外光用としては禁止帯幅の小さな硫化鉛PbSやインジウムアンチモンInSbなどが用いられる。赤外光用の材料は暗抵抗、すなわち暗中での電気抵抗を高めるために冷却して用いることもある。光導電セルは一般にホトダイオードに比べて応答速度は遅いが、半導体に電極をつけるだけの簡単な構造であり、受光面積を大きくとって大きな電流が流せるので、可視光用は自動点灯装置や露出計に、赤外光用は分光光度計や赤外線検出器などに用いられている。[丸山瑛一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の光導電セルの言及

【光電素子】より

…この現象を光起電力効果という。 測光用光電素子としては光電面を使用する光電管と光電子増倍管,内部光電効果を用いる光導電セル,光起電力セル,フォトダイオード,フォトトランジスターがある。光電効果
[光電管photoelectric tube]
 光電面と陽極をもつ二極真空管で光電子流を測定する。…

【光検出器】より

…検出素子材料としてはもっぱら半導体が使われ,真性半導体の禁制帯エネルギーギャップ,不純物半導体の不純物イオン化ポテンシャルなどがEtに相当し,それにより限界波長が決まる。光伝導型検出器(光導電セル)と光起電型検出器(光起電力セル)がもっともよく実用される。前者は素子抵抗が入射光強度によって変化する性質を利用するため,検出器本体は電極の間に素子材料をはさんだ簡単な構造である。…

※「光導電セル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone