コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入(り)用 イリヨウ

デジタル大辞泉の解説

いり‐よう【入(り)用】

[名・形動]
必要であること。また、そのさま。にゅうよう。「旅行に入り用な品をそろえる」
必要な費用。入費。いりめ。
「余りがあれば塾舎の―にすることにして居ました」〈福沢福翁自伝
大切なこと。重要。
「さあここが―の所でござります」〈鳩翁道話・三〉

にゅう‐よう〔ニフ‐〕【入用】

[名・形動]
その用に必要であること。また、そのさま。いりよう。「入用な品を都合する」
その用に必要な金銭。費用。
「無益に金を費して―不足すれば」〈福沢学問のすゝめ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

にゅうよう【入用】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
用をたすのに必要な・こと(さま)。いりよう。 「旅行に-なものを買いそろえる」
必要な費用。経費。入金。 「あの時の-、金一両ぢやあつたがな/滑稽本・膝栗毛 7

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

入(り)用の関連キーワード六条潟周辺の埋め立て計画町役人(まちやくにん)H. キップハルト高割り・高割散り銭・散銭伝馬宿入用蔵前入用金御蔵前入用七分金積立高掛三役六尺給米浅草御蔵マーネス酪農機械蔵前入用当座買ひ永井直与日買い用無し町入用

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android