コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入(り)用 イリヨウ

3件 の用語解説(入(り)用の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いり‐よう【入(り)用】

[名・形動]
必要であること。また、そのさま。にゅうよう。「旅行に入り用な品をそろえる」
必要な費用。入費。いりめ。
「余りがあれば塾舎の―にすることにして居ました」〈福沢福翁自伝
大切なこと。重要。
「さあここが―の所でござります」〈鳩翁道話・三〉

にゅう‐よう〔ニフ‐〕【入用】

[名・形動]
その用に必要であること。また、そのさま。いりよう。「入用な品を都合する」
その用に必要な金銭。費用。
「無益に金を費して―不足すれば」〈福沢学問のすゝめ

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

にゅうよう【入用】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
用をたすのに必要な・こと(さま)。いりよう。 「旅行に-なものを買いそろえる」
必要な費用。経費。入金。 「あの時の-、金一両ぢやあつたがな/滑稽本・膝栗毛 7

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone