コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入(り)目 イリメ

デジタル大辞泉の解説

いり‐め【入(り)目】

[名・形動]
費やした金高。経費。出費。
「種々(さまざま)の―を幾晩かかかって漸く調べあげた積り書」〈露伴五重塔
控えめなこと。また、そのさま。
「―にもなく、又さし出でても見えぬ様に」〈吾妻問答
目が引っ込んでいること。
「人の―なるをめりたりと言ふ」〈名語記・六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

入(り)目の関連キーワードIBM Refreshed PCソーシャル・レンディング新エネルギー利用特措法スマートグリッド金銭消費貸借契約プレビッシュ報告カンパニー制度ユーロと危機商品受渡条件サイト関与率RPS制度RPS法積り書掛屋めり

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android