全 斗煥(読み)チョンドゥホアン(英語表記)Chǒn Tu-hwan

旺文社世界史事典 三訂版「全 斗煥」の解説

全 斗煥
チョンドゥホアン
Chǒn Tu-hwan

1931〜  
韓国軍人政治家
朴正熙大統領暗殺(1979年10月)後,軍と情報部を掌握,非常戒厳令を発し(1980年5月),野党指導者の金泳三 (キムヨンサム) ・金大中 (キムデジュン) らを逮捕した。これに抗議して,全羅道の光州で起こった学生や市民の暴動光州事件)を武力で弾圧し,朴正熙の路線を踏襲して大統領に就任(1980)した。その任期中に,韓国経済は著しく成長,ソウルオリンピックも開催(1988)し,国民投票にもとづく民主的な新憲法を制定,新憲法にもとづき大統領直接選挙を実施した。全斗煥政権は,朴正熙時代の独裁から,民主主義国家への橋渡し役をつとめたといえよう。1996年には金泳三政権下の裁判で死刑判決を受けたが,のちに特赦

全 斗煥
ぜんとかん

チョンドゥホアン

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android