八丁池(読み)はっちょういけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

八丁池
はっちょういけ

静岡県東部,伊豆半島のほぼ中央,天城山の西斜面にある火口湖伊豆市に属する。標高 1125m,直径約 200m。池畔には,カキツバタエゾシロネ,エゾハリイなど珍しい草が多く自生していたが,観光開発の促進で減少している。池にはモリアオガエルが生息している。周囲はブナ,モミ,マメザクラなどが繁茂し,特に新緑,紅葉は絶景である。また天城縦走コースの拠点で,キャンプ場,冬の天然スケート場もある。富士箱根伊豆国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

八丁池
はっちょういけ

静岡県、伊豆半島天城山地(あまぎさんち)にある火口湖。天城火山の側火山の一つで標高1173メートル、周囲約600メートル。伊豆市と賀茂(かも)郡東伊豆町との境界近くにあり、万三郎(ばんざぶろう)岳から天城峠に続く稜線(りょうせん)に位置する。モリアオガエルの生息地として有名で、ブナ、ヒメシャラなどの林相に特色がある。一帯は自然休養林で、昭和の森の指定地域内にある。[北川光雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android