コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公表制度 こうひょうせいど

世界大百科事典 第2版の解説

こうひょうせいど【公表制度】

国・地方公共団体機関等の公の機関が一定の事柄を発表し,これを一般公衆の知りうる状態におく制度をいう。(1)一般的な意味における公表の制度は公示の制度とほとんど異ならない。地方自治法上の直接請求の要旨の公表(74条以下)等はその例である(そのほか,国家公務員法24条2項,公認会計士法1条2項)。ただ国家行政組織法による公示は告示形式で行われるものとされ(14条1項),それ以外の公示の場合にも告示をもってすることを例としているが,公表の場合には,その形式について特別な法的制約はない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

公表制度の関連キーワードリコール(製品回収)パートタイム労働法

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

公表制度の関連情報