コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内灘[町] うちなだ

2件 の用語解説(内灘[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

内灘[町]【うちなだ】

石川県中部,日本海と河北(かほく)潟間を占める河北郡の町。農漁業が振るわず,明治中期以後北海道への出稼(でかせぎ)が多く,オホーツク海ホタテガイ漁に従事した。
→関連項目基地問題

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

うちなだ【内灘[町]】

石川県中央部,河北郡の町。人口2万6367(1995)。日本海と河北潟の間の砂丘地帯にあり,南は金沢市に接する。内灘砂丘は旧砂丘の上に新砂丘が形成されたもので,旧砂丘からは石器時代の遺物が出土した。オホーツク海のホタテガイ漁を開拓するなど,かつては北海道への出稼漁を中心とする町であった。1952年砂丘地帯にアメリカ軍内灘試射場の設置が決まり,翌53年にかけて激しい反対闘争が行われたが,56年には撤収された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

内灘[町]の関連キーワード石川金沢富山本宮青森かほく高知坂戸多久津幡

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone