コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内郷 うちごう

4件 の用語解説(内郷の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

内郷
うちごう

福島県南東部,いわき市のほぼ中央に位置する地区。旧市名。旧称綴 (つづら) 。 1919年8村が合体し内郷村となり,54年市制。 66年いわき市に編入。安政2 (1855) 年炭層発見。関東地方への送炭は初め小名浜から舟運によったが,1897年常磐線の開通とともに炭鉱都市として発展。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

うちごう〔うちガウ〕【内郷】

福島県いわき市の中央部の地区。旧市名。炭鉱町として発展。国宝の白水阿弥陀堂(しらみずあみだどう)がある。→いわき

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

内郷【うちごう】

福島県の旧市。1954年市制。1966年合併により,いわき市の一地区となった。常磐炭田中にあり,常磐線が通じ炭鉱都市として発展したが,炭鉱の閉山後は平との関係で都市化が進んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

内郷
うちごう

福島県南東部、いわき市の一地区。旧内郷市。市の中心平(たいら)地区に連なり、明治以降、常磐(じょうばん)炭田の主要地域として発展したが、炭鉱閉山後は平との関係で、住宅、病院、自動車販売店、問屋などの集中をみ、都市化がより進行した。JR常磐線内郷駅があり、国道6号、49号が通じる。また、常磐自動車道が通過し、いわきジャンクションで磐越(ばんえつ)自動車道と接続する。白水(しらみず)町の願成寺(がんじょうじ)には国宝建造物の白水阿弥陀堂(あみだどう)があり、境域は国の史跡として浄土庭園が復原されている。[原田 榮]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内郷の関連キーワードシロス島いわき福島県いわき市植田町中央福島県いわき市平福島県いわき市平四ツ波福島県いわき市中央台鹿島福島県いわき市中央台高久福島県いわき市錦町福島県いわき市錦町中央平田[村]

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

内郷の関連情報