コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオ

デジタル大辞泉の解説

おお〔おほ〕【凡】

[形動ナリ]《「おぼ」とも》
事物の形状や人の心情などが、はっきりしないさま。ぼんやりしているさま。いいかげん。
「佐保山を―に見しかど今見れば山なつかしも風吹くなゆめ」〈・一三三三〉
事物の状態などが、他と比べて特に際立っていないさま。普通。
「吹く風も―には吹かず立つ波も和(のど)には立たぬ」〈・三三三九〉

おおし〔おほし〕【凡】

[副]おおよそ。総じて。
「―垣下(かいもと)あるじ、甚だ非常(ひざう)に侍りたうぶ」〈・少女〉

おぼ【凡】

[形動ナリ]おお(凡)

はん【凡】[漢字項目]

ぼん

ぼん【凡】

[名・形動]ごく普通であること。ありふれていること。また、そのさま。平凡。「ならざる才能

ぼん【凡】[漢字項目]

常用漢字] [音]ボン(呉) ハン(漢) [訓]すべて およそ
〈ボン〉
全体を通じて。おしなべて。「凡百
一般的で特に目立たない。普通。「凡作凡人凡打凡退凡夫凡庸超凡非凡平凡平平凡凡
〈ハン〉全体にわたるさま。あらまし。「凡例
[名のり]ちか・つね・なみ
[難読]大凡(おおよそ)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おお【凡】

( 形動ナリ )
ぼんやりしているさま。ほのか。 「天数ふ大津の子が逢ひし日に-に見しくは今ぞ悔やしき/万葉集 219
おろそかであるさま。いいかげん。 「己が命を-にな思ひそ/万葉集 3535
普通であるさま。平凡。 「 -ならばかもかも為むをかしこみと/万葉集 965」 〔「おぼ」であった可能性もあり、「おぼろ」「おほろか」の「おぼ」「おほ」と同意。「おほ(大)」と同源〕

おおし【凡】

( 副 )
およそ。だいたい。 「 -、かいもとのあるじ、はなはだ非常ひぞうに侍りたうぶ/源氏 乙女

おほ【凡】

( 形動ナリ )

ぼん【凡】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
平凡であること。すぐれ劣りのないこと。目立つ点のないこと。 ↔ 非凡 「人品礼儀の-ならざるに驚き/花柳春話 純一郎

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

凡の関連キーワードジャンバルジャン 前後篇天津彦根命・天津日子根命のみすけ禁酒運動大洋児出船の港泣くに泣けないポップフライどぶろくの辰東京行進曲格別・各別あらまし組織暴力凡聖一如翼の凱歌生仏一如野沢凡兆かもかも万葉集裸の町冬構え愛の町

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

凡の関連情報