(読み)オオ

デジタル大辞泉「凡」の解説

おお〔おほ〕【凡】

[形動ナリ]《「おぼ」とも》
事物の形状や人の心情などが、はっきりしないさま。ぼんやりしているさま。いいかげん。
「佐保山を―に見しかど今見れば山なつかしも風吹くなゆめ」〈・一三三三〉
事物の状態などが、他と比べて特に際立っていないさま。普通。
「吹く風も―には吹かず立つのどには立たぬ」〈・三三三九〉

ぼん【凡】[漢字項目]

常用漢字] [音]ボン(呉) ハン(漢) [訓]すべて およそ
〈ボン〉
全体を通じて。おしなべて。「凡百
一般的で特に目立たない。普通。「凡作凡人凡打凡退凡夫凡庸超凡非凡平凡平平凡凡
〈ハン〉全体にわたるさま。あらまし。「凡例
[名のり]ちか・つね・なみ
[難読]大凡おおよそ

おおし〔おほし〕【凡】

[副]おおよそ。総じて。
「―垣下かいもとあるじ、甚だ非常ひざうに侍りたうぶ」〈・少女〉

ぼん【凡】

[名・形動]ごく普通であること。ありふれていること。また、そのさま。平凡。「ならざる才能

おぼ【凡】

[形動ナリ]おお(凡)

はん【凡】[漢字項目]

ぼん

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「凡」の解説

ぼん【凡】

〘名〙 (形動) なみであること。ありふれたこと。世俗的であること。また、そのさま。普通。平凡。
※往生要集(984‐985)大文一〇「垂凡入一レ聖之時」 〔魏志‐董昭伝〕

おほ【凡】

〘形動〙 ⇒おお(凡)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android