コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石橋思案 いしばし しあん

7件 の用語解説(石橋思案の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

石橋思案

小説家。本名助三郎、別号に雨香。横浜生。明治18年尾崎紅葉等と〈硯友社〉を結成、「乙女心」「羽抜鳥」等の小説で知られたが、作風は戯作者の型を脱していない。名古屋中京新聞社を経て博文館に入り『文芸倶楽部』を主宰した。昭和2年(1927)歿、60才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いしばし‐しあん【石橋思案】

[1867~1927]小説家。武蔵の生まれ。本名、助三郎。尾崎紅葉らと硯友社(けんゆうしゃ)を創立。作品に「乙女心」「わが恋」「京鹿子」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

石橋思案【いしばししあん】

明治期の小説家。本名助三郎。別号,雨香,自劣亭。横浜生れ。東大中退。尾崎紅葉らと硯友(けんゆう)社を興し,《我楽多(がらくた)文庫》を創刊。人情本風の作品《仇桜遊里夜嵐》《乙女心》《京鹿子》《わが恋》などを書いたが小説家としては大成せず,博文館に入社,《文芸倶楽部》を編集した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石橋思案 いしばし-しあん

1867-1927 明治時代の小説家。
慶応3年6月2日生まれ。石橋政方(まさかた)の長男。明治18年東京大学予備門在学中に尾崎紅葉らと硯友(けんゆう)社をおこし,文芸誌「我楽多(がらくた)文庫」を発刊。第1作「仇桜遊里廼夜嵐(あだざくらさとのよあらし)」や「乙女心」「京鹿子」でみとめられる。のち博文館で「文芸倶楽部(クラブ)」を編集。昭和2年1月28日死去。61歳。相模(さがみ)(神奈川県)出身。本名は助三郎。別号に雨香,自劣亭。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

石橋思案

没年:昭和2.1.28(1927)
生年:慶応3.6.2(1867.7.3)
明治時代の小説家。本名助三郎。別号を雨香逸史,自劣亭,一二三子。横浜生まれ。明治天皇の侍従となった英学者政方の長男。祖父は長崎の通詞石橋助左衛門学習院,進文学舎を経て東大法学部,のち文学部に進み中退。明治18(1885)年尾崎紅葉らと硯友社をおこし,『我楽多文庫』に処女作「仇桜遊里廼夜嵐」を発表。同22年の「乙女心」「京鹿子」などで知られるが,戯作臭の濃い作風であった。明治26年いさみ新聞社に勤め,30年『中京新聞』,32年『団々珍聞』,34年『中央新聞』から転じて読売新聞社で社会部長となったのち,博文館に入社,大正5(1916)年の退社まで『文芸倶楽部』を編集。墓所は谷中天王寺。<参考文献>『硯友社文学集』(明治文学全集22巻)

(佐伯順子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いしばししあん【石橋思案】

1867~1927) 小説家。横浜市生まれ。本名、助三郎。東大中退。尾崎紅葉・山田美妙らと硯友社を興す。今様春水と評され、「仇桜遊里廼夜嵐」「乙女心」「京鹿子」など人情本的な恋愛小説を書いた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石橋思案
いしばししあん
(1867―1927)

小説家。横浜市生まれ。本名助三郎。帝国大学法科中退。尾崎紅葉、山田美妙らと硯友社(けんゆうしゃ)を結成し、創刊の『我楽多(がらくた)文庫』に『仇桜遊里廼夜嵐(あだざくらさとのよあらし)』を発表。吉岡書店刊の叢書(そうしょ)「新著百種」の一冊『乙女心』で認められ、『京鹿子(きょうがのこ)』『わが恋』などを発表したが、旧文学的戯作(げさく)性から抜けきれず、創作から遠ざかる。その後、『中京新聞』『読売新聞』などの記者を経て、博文館に入り、1916年(大正5)まで『文芸倶楽部(くらぶ)』の編集に従事する。[小野寺凡]
『『明治文学全集 22 硯友社文学集』(1969・筑摩書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の石橋思案の言及

【硯友社】より

…明治中期の文学結社。1885年(明治18)2月,東京大学予備門在学中の尾崎紅葉,山田美妙(びみよう),石橋思案(1867‐1927)らが高等商業生徒の丸岡九華(きゆうか)らをかたらい創立した。同年5月から機関誌《我楽多(がらくた)文庫》を創刊,小説,漢詩,戯文,狂歌,川柳,都々逸(どどいつ)など,さまざまな作品を載せた。…

※「石橋思案」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

石橋思案の関連キーワード嵯峨の屋お室幸堂得知宮崎夢柳国木田治子諏訪三郎痩々亭骨皮野沢純山岸荷葉山口寒水山本露葉

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone