コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

あこめ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


あこめ

束帯女房装束に用いられた下着の一種。衵は間籠の (あいこめのきぬ) の意味で,間に着込める,つまり中間着である。男の束帯の場合は下襲 (したがさね) と単衣 (ひとえぎぬ) との間に着用し,女房装束では表着との間に着用するが,形態はそれぞれ異なる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

あこめ【×衵/×袙】

中古の男子の中着。束帯のときは下襲(したがさね)単(ひとえ)との間に、衣冠直衣(のうし)のときには袍(ほう)直衣と単との間に着用した。打衣(うちぎぬ)。
女子の中着。表着(うわぎ)と単との間に着用した。
女児が上着として着用した、袿(うちき)より裾を短く仕立てた衣服
[補説]「あいこめ」の略で、衣服の間に込めて着る衣の意という。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

衵【あこめ】

平安時代の公家男子の礼服。束帯(そくたい)のとき下襲(したがさね)と単(ひとえ)の間に着る。(えり)は垂領(たりくび),広袖で,冬は表綾(あや),裏平絹(ひらぎぬ),夏は裏がなく,紅色が主で,文様は菱小葵(あおい)などがある。
→関連項目衵扇

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あこめ【衵】

(1)衵は中国で古代から着用されていた衣服で(《左伝》宣公9年,《後漢書》禰衡伝),日々の常衣とするもの(説文),近身衣の肌着であった。日本では〈あこめぎぬ〉または〈あこめ〉とよび(《和名抄》),唐風の様式からかなり変化して王朝時代に現れた。束帯衣冠直衣(のうし),狩衣などの下に用いられ,下襲(したがさね)の下,(ひとえ)の上の間に着たものであった。間に入れて着るので,あいこめ(間籠)の略された言葉であるという説もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のの言及

【衣】より

…たとえば〈かりごろも(狩衣)〉から〈かりぎぬ〉に発展したのなどがその例である。このような観念は平安時代まで受け継がれて,一般的に上級の衣服の総称となって〈うえのきぬ(袍)〉〈あこめきぬ(衵)〉などのように称された。しかるに,いつかこの一般的な〈きぬ〉という名称が平安時代からは袍(ほう)や唐衣(からぎぬ)の下に着る実用的な衣服をさすこととなって,(うちき)や(あこめ)をただ〈きぬ〉とのみいうようにもなった。…

【束帯】より

…武家も将軍以下五位以上の者は大儀に際して着装した。束帯の構成は(ほう),半臂(はんぴ),下襲(したがさね),(あこめ),単(ひとえ),表袴(うえのはかま),大口,石帯(せきたい),魚袋(ぎよたい),(くつ),(しやく),檜扇,帖紙(たとう)から成る。束帯や十二単のように一揃いのものを皆具,あるいは物具(もののぐ)といった。…

※「衵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

衵の関連キーワード檜扇・桧扇紅の装束褻の装束子供服色濃い打ち衵五つ衵衵・袙宿直姿引倍木薄色檜扇帷子出衣五衣衵袴上襲汗衫衵姿

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android