函南(町)(読み)かんなみ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

函南(町)
かんなみ

静岡県伊豆半島の基部、田方(たがた)郡にある町。1963年(昭和38)町制施行。町名は函嶺(はこね)(箱根山)の南に位置することに由来する。町の東部は鞍掛(くらかけ)山、日金(ひがね)山、玄(くろ)岳などの山岳部と丹那(たんな)盆地、中部は丘陵地、西部は狩野(かの)川の沖積平野が広がる平坦(へいたん)地である。JR東海道本線、伊豆箱根鉄道、国道1号、136号、熱函(ねっかん)道路、伊豆スカイラインが通じ、丹那(たんな)トンネルは盆地の直下を通る。丹那盆地の酪農は明治初期に始められ、現在も盛んである。丘陵地ではスイカ、イチゴを栽培、平坦部は穀倉地帯。近年では、宅地造成、別荘地開発などが進み、第一次産業の比重は低下している。熱海(あたみ)市と町の境界をなす十国峠(日金山)はじめ畑毛(はたけ)温泉(一部は伊豆の国市にかかる)、柏谷(かしや)横穴群(国指定史跡)、丹那断層(国指定天然記念物)、鞍掛山南西斜面の函南原生林など観光資源に富む。面積65.13平方キロメートル、人口3万8571(2010)。[川崎文昭]
『『函南町誌』全3冊(1974~1985・函南町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android