コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十国峠 じっこくとうげ

6件 の用語解説(十国峠の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十国峠
じっこくとうげ

日金 (ひがね) 山ともいう。静岡県東部,熱海市と函南町を結ぶ峠。標高 774m。峠の名は伊豆,相模,駿河,遠江,甲斐,信濃,武蔵,安房,上総,下総の 10国を展望できることによるという。源実朝が箱根・伊豆権現参りの途中に詠んだ歌の碑が建てられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

じっこく‐とうげ〔‐たうげ〕【十国峠】

静岡県東部、熱海市と函南(かんなみ)町との境にある峠。伊豆・相模・駿河・遠江・甲斐・武蔵・常陸・安房・上総・下総の十か国を望むことができるところからいう。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

十国峠【じっこくとうげ】

静岡県熱海市と函南(かんなみ)町の境,熱海峠の北方約1kmにある緩斜面。日金(ひがね)山とも。標高774m。地名は信濃や下総(しもうさ)に及ぶ10国が望まれるためといわれ,駿河湾富士山南アルプス伊豆諸島などの展望がよく,箱根熱海間の自動車専用道路から頂上までケーブルカーがある。
→関連項目走湯山

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じっこくとうげ【十国峠】

静岡県熱海市と田方郡函南(かんなみ)町の間,箱根火山の南斜面。標高774m。十州峠ともいい,眺望が相模,武蔵,下総,上総,安房,駿河,遠江,信濃(常陸とする場合もある),甲斐,伊豆の10ヵ国に及ぶとされ,眼前にせまる富士が美しい。古くは日金(ひがね)山といったが,これは火ヶ峰の転訛した名で,地形も峠と呼ばれるものの鞍部(あんぶ)ではない。かつて,火牟須比命(ほむすびのみこと)をまつる伊豆山神社の旧祀とみられる東光寺(日金地蔵堂)があった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔静岡県〕十国峠(じっこくとうげ)


静岡県伊豆(いず)半島北部、箱根(はこね)外輪山から南に延びた稜線(りょうせん)上に位置する峰。標高774m。古くから眺望の名所として知られ、地名は常陸(ひたち)・武蔵(むさし)・下総(しもうさ)・上総(かずさ)・安房(あわ)・相模(さがみ)・甲斐(かい)・伊豆(いず)・駿河(するが)・遠江(とおとうみ)の10国を望めることに由来。十州峠・日金(ひがね)山とも。源実朝(みなもとのさねとも)の歌碑が建つ。北の箱根峠から南の熱海(あたみ)峠へ通じる県道熱海箱根峠線(南方で伊豆スカイラインに通じる)沿いから十国峠ケーブルカーが山頂まで連絡。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

十国峠
じっこくとうげ

静岡県熱海(あたみ)市と田方(たがた)郡函南(かんなみ)町との境にある峠。十州峠、日金山(ひがねさん)ともいい、標高774メートル。熱海峠と箱根峠とを結ぶ主要地方道熱海・箱根峠線が十国峠(日金山)西斜面を南北に走り、ケーブルカーが山頂に達するので、観光客も多い。なだらかな草原状の山頂一帯は湯ヶ原火山の安山岩質溶岩からなる山体で、その眺望は10国5島に及ぶのが地名の由来である。相模(さがみ)、武蔵(むさし)、上総(かずさ)、下総(しもうさ)、安房(あわ)、駿河(するが)、遠江(とおとうみ)、信濃(しなの)、甲斐(かい)、伊豆(いず)の10国、大島、新島(にいじま)、神津(こうづ)島、三宅(みやけ)島、式根島の5島がそれにあたる。源実朝(さねとも)が箱根権現(ごんげん)と伊豆山権現の二所参りの途中に詠んだ「箱根路をわが越えくれば伊豆の海や沖の小島に波のよるみゆ」の歌碑のほか、東方には日金山東光寺がある。熱海駅から十国峠登り口駅までバス約35分、頂上までケーブルカーが通じる。また、山頂へのハイキングコースもある。[北川光雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

十国峠の関連情報