コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

刈谷[市] かりや

2件 の用語解説(刈谷[市]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

刈谷[市]【かりや】

愛知県中西部,岡崎平野北部を占める市。1950年市制。中心市街は尾張・三河国境をなして知多湾に注ぐ境川左岸にあり,1533年水野忠政の亀城築城に始まる城下町として発達。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かりや【刈谷[市]】

愛知県中部,尾張と三河の境をなす境川の東岸に位置する市。1950年市制。人口12万5305(1995)。縄文時代の遺跡が多く,早期の八ッ崎貝塚,晩期の本刈谷(もとかりや)貝塚などがある。平安末期には重原荘が置かれ,重原氏,次いで二階堂氏が支配した。市域が本格的に開けるのは1533年(天文2)に水野忠政(徳川家康の生母於大の方の父)が刈谷城を開いてからで,以後譜代大名が居城し城下町として栄えた。白魚,酒,木綿の名産地で,白魚は毎年刈谷藩から幕府に献上された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

刈谷[市]の関連キーワード岡崎平野河東高浜愛知仇をなす尾張旭刃区山をなす刈谷信をなす

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone