コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

初参 ういざん

5件 の用語解説(初参の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

初参
ういざん

平安,鎌倉時代,主従関係を結ぶために,従者となる者が初めて主君に見参する儀式。鎌倉幕府の場合は,将軍に名簿 (みょうぶ) を提出して見参に入り,所領安堵を得て御家人となるのが通例であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しょ‐さん【初参】

初めて仕えること。また、初めて参加すること。新参。
「これ二人共に…―の儀なるが故なり」〈折たく柴の記・上〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しょさん【初参】

中世武家社会においてはじめて見参(げんざん)すること。新たに家臣として仕えること。〈ういざん〉ともよむ。中世前期,武士は直接主君に謁見して臣従の契約をしたが,はじめての礼をとること,またその者をさす。いままいり,しんいり,新参者の意味にも用いる。《看聞日記》永享3年(1431)2月17日条に〈召次光夜叉小冠初参,父光若相具参構見参〉,同年3月18日条に〈伯少将定兼初参,有奉公之志之由申〉等の用例がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ういざん【初参】

平安・鎌倉時代に主従関係を結ぶ際、従臣となる者が初めて主君に会うこと。また、その儀式。

しょさん【初参】

新しく参加すること。また、新たに仕えること。新参。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の初参の言及

【初参】より

…いままいり,しんいり,新参者の意味にも用いる。《看聞日記》永享3年(1431)2月17日条に〈召次光夜叉小冠初参,父光若相具参構見参〉,同年3月18日条に〈伯少将定兼初参,有奉公之志之由申〉等の用例がある。【五味 克夫】。…

※「初参」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

初参の関連キーワード烏帽子親地位初見参見参見参の板初雪の見参公家法藤直幹充行(宛行)沙汰始

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

初参の関連情報