コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

制酸薬 セイサンヤク

デジタル大辞泉の解説

せいさん‐やく【制酸薬】

制酸剤」に同じ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

制酸薬【せいさんやく】

内服して過剰の胃酸を中和あるいは吸着する薬剤。胃粘膜を被覆して潰瘍(かいよう)面や炎症面を保護する作用を合わせもつものもある。吸収性制酸薬炭酸水素ナトリウムなどで,胃液を中和後,腸から吸収されて血中予備アルカリを増加させる)と,局所性制酸薬ケイ酸アルミニウム陰イオン交換樹脂などで,消化管からは吸収され難い)に大別される。
→関連項目ケイ(珪)酸アルミニウム

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せいさんやく【制酸薬 antacid】

制酸剤ともいう。胃液中の塩酸を化学的に中和する薬物で,過酸症や消化性潰瘍の治療に用いられる内服アルカリ剤。制酸薬は,その中和作用,緩衝作用で胃酸による胃粘膜への侵襲を防止するほか,吸着,被覆などの作用もあり,消化管の潰瘍面,炎症面を保護する。さらに胃内の酸性度の低下によりペプシンの不活性化も同時に起こり,胃液による消化管粘膜への侵襲の防止がいっそう効果的となる。制酸薬の中和は必ずしもpH7以上にする必要はなく,pH3.5以上で十分に胃液の消化作用は抑制される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

せいさんやく【制酸薬】

胃液中の塩酸を化学的に中和し、胃酸過多や消化性潰瘍などの治療に用いる薬。重曹・酸化マグネシウムなど。制酸剤。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の制酸薬の言及

【胃腸薬】より

…これに対しては次のような薬物がある。制酸薬(炭酸水素ナトリウム,水酸化アルミニウム,ケイ酸マグネシウム),ヒスタミンH2‐受容体拮抗薬(シメチジン,ラニチジン),プロトンポンプ阻害薬(オメプラゾール,ランソプラゾール),副交感神経遮断薬(ピレンゼピン,アトロピン,ロートエキス)。(6)整腸薬 腸内の異常発酵や便秘,下痢などに対する薬物である。…

※「制酸薬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

制酸薬の関連情報