前二子古墳(読み)まえふたごこふん

国指定史跡ガイドの解説

まえふたごこふん【前二子古墳】


群馬県前橋市西大室町にある前方後円墳。赤城山南麓の低丘陵に所在し、中二子古墳・後二子古墳と近接している。1878年(明治11)に石室が開けられ、四神付き飾り土器をはじめとする多くの副葬品が出土して注目を集め、1927年(昭和2)に国の史跡に指定された。1992年(平成4)に発掘調査が行われた結果、古墳の規模は全長148m、墳丘長約94m、後円部径約69m、前方部幅約65m、高さ約14mで2段築成となっており、墳丘上段全面に葺石(ふきいし)が施され、外周と墳丘の1段目と墳頂部に円筒埴輪(はにわ)、朝顔形埴輪、形象埴輪が並べられていることが確認された。主体部は後円部の南側にあり、両袖形の横穴式石室で全長13.75m。玄門から奥石までの前半部に、両側の壁際と玄門に接して「コ」の字状に16個の土器が置かれ、奥壁と玄室中央部にある間仕切り石間の四隅に金銅製の杏葉(ぎょうよう)、中央に青色のガラス玉、手前に銅鏡1面、間仕切り石に接して鉄製鉾が出土。周辺は大室公園として整備された。上毛電鉄中央前橋駅から日本中央バス「西大室」下車、徒歩約10分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

前二子古墳
まえふたごこふん

群馬県前橋市西大室(にしおおむろ)町にある6世紀前半の前方後円墳。丘陵性台地の一角を占め、前方部が西面している。全長92メートル、後円部径71メートル、前方部幅61メートルで、高さは後円部で12メートルある。周濠(しゅうごう)は幅10メートル内外で巡り、中堤址(し)も一部に残している。葺石(ふきいし)、埴輪(はにわ)類も存在する。主体部は後円部南側に開口する両袖(りょうそで)型横穴式石室で、全長13.96メートル。角礫(かくれき)を乱石積みした側壁の表面には赤色で塗彩している。1878年(明治11)に発掘され、(ぼうせい)鏡、武器類、馬具類、小玉、金環類、須恵器(すえき)類、土師器(はじき)類が発見された。北関東地方における横穴式石室初現期の代表的古墳の一つであり、隣接して中二子(なかふたご)古墳、すこし離れて位置する後二子(うしろふたご)古墳とともに赤城(あかぎ)山南面地域の後期古墳を代表する。1927年(昭和2)国の史跡に指定された。[梅澤重昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例