コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前尾繁三郎 まえお しげさぶろう

3件 の用語解説(前尾繁三郎の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

前尾繁三郎

政治家。京都生。東大法学部卒業後、大蔵省を経て衆院選挙に出馬し当選。以来当選を重ね、自民党幹事長・同総務会長・岸内閣通産相・佐藤内閣北海道開発庁長官並法相等を歴任。また衆院議長を長く務めるが、議会の公正な運営のため離党、無所属となった姿勢は与野党の信望を集め「名議長」と称えられた。読書家、蔵書家として知られ、著書も多い。昭和56年(1981)歿、75才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

前尾繁三郎 まえお-しげさぶろう

1905-1981 昭和時代の官僚,政治家。
明治38年12月10日生まれ。大蔵省主税局長などをへて政界にはいり,昭和24年衆議院議員(当選12回)。通産相,法相,自民党幹事長(3期)などをつとめる。この間池田勇人(はやと)の宏池(こうち)会に属し,池田のあと同派をついだ。46年大平正芳(まさよし)に派閥をゆずる。48年衆議院議長。昭和56年7月23日死去。75歳。京都出身。東京帝大卒。
【格言など】時代の変化に応じる改良主義が自民党長期政権の秘密だ(信条)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

前尾繁三郎
まえおしげさぶろう

[生]1905.12.10. 京都
[没]1981.7.23. 京都
政治家。東京大学を卒業。大蔵省に入る。主税,造幣局長。 1949年衆議院議員に初当選。以来連続 11回当選。終始池田勇人の相談相手。 57年通産相,60年池田政権の党幹事長。池田の死後池田派を継承したが,71年大平正芳に譲る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

前尾繁三郎の関連キーワード官僚政治安中忠雄井上清一伊能繁次郎亀井光重政誠之周東英雄高瀬伝西村直己橋本清吉

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

前尾繁三郎の関連情報