コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前田利太 まえだとしおき

4件 の用語解説(前田利太の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

前田利太
まえだとしおき

[生]?
[没]慶長17(1612)
戦国時代の武将。利久の子といわれるが,一説に滝川益重の子ともいう。通称は慶次。奇行で知られる。織田信長に仕え前田利家に転仕し,越中阿尾城主 5000石。天正 18 (1590) 年前田家を出奔して上杉景勝に 2000石で仕えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

前田利太 まえだ-とします

まえだ-としたか

前田利太 まえだ-としたか

?-? 戦国-織豊時代の武将。
前田利家の兄利久(としひさ)の養子。和歌,文学をこのむ。放縦不羈(ふき)を前田利家にいさめられたため,天正(てんしょう)18年金沢をさり,越後(えちご)の上杉景勝(かげかつ)につかえた。関ケ原の戦いののち浪人となる。別名に利卓,利益,利治。通称は宗兵衛,慶次(二)。号は無苦庵。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

前田利太
まえだとしおき

生没年不詳。安土桃山時代の武将。通称は宗兵衛(そうべえ)、慶次(けいじ)、慶次郎。啓二郎と書いたものもある。諱(いみな)は利太、利卓、利治、利益、利貞が知られる。滝川一益(たきがわかずます)の甥(おい)、儀大夫益氏の子とされるが異説もある。尾張(おわり)荒子(あらこ)城(名古屋市中川区)の城主であった前田利久(まえだとしひさ)(利家(としいえ)の長兄)の養女(実父は利家三兄安勝(やすかつ))を娶(めと)り、その婿養子となった。はじめ、織田信長(おだのぶなが)、のちに養父利久とともに利家に仕え、能登(のと)国松尾村に居住したと伝える。1585年(天正13)には越中(えっちゅう)阿尾(あお)城(富山県氷見(ひみ)市)に入れ置かれた。1590年(天正18)の小田原征伐後に出奔したとされるが、この年7月、利家、利長(としなが)とともに奥州の検地に携わっているから、出奔はそのあとのことである。一説には、京都に至ったといわれ、1600年(慶長5)までには越後(えちご)上杉(うえすぎ)氏の家老直江兼続(なおえかねつぐ)の斡旋(あっせん)により上杉景勝(うえすぎかげかつ)に仕え2000石を領した(1000石ともいう)。1600年、出羽(でわ)最上(もがみ)氏の軍勢と争った。のち病気のため上杉氏を離れて大和(やまと)国に逃れ、1610年、73歳で没したとされる。かぶき者として知られ、そのイメージが現在に至るまで息づいているが、一方で、漢詩や連歌(れんが)などに秀でた、ひとかどの文化人であった。[石野友康]
『『上杉家御年譜』3(1977・米沢温故会) ▽前田家編輯部、前田育徳会編『加賀藩史料』第1編(1980・清文堂) ▽金沢市史編さん委員会編『金沢市史』資料編3所収「本藩歴譜」(1999・金沢市)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

前田利太の関連キーワード小幡信貞神戸清右衛門佐知景則高畠定吉寺島牛之助中山家範前田利隆(1)前田利春前田利昌(1)前田利政

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone