歌舞伎者(読み)カブキモノ

デジタル大辞泉の解説

かぶき‐もの【歌舞伎者】

並外れて華美な風体をしたり、異様な言動をしたりする者。だて者。
「近年は人の嫁子もおとなしからずして、遊女、―のなりさまを移し」〈浮・一代女・三〉
歌舞を演じるもの。踊り子。
「女の―を揃へて踊らせける」〈浮・置土産・四〉
歌舞伎役者。または歌舞伎社会の者。芝居者。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かぶきもの【歌舞伎者】

華美を好み、軽薄・異様な風体をする者。うわついた好色者。伊達だて者。 「むかしは博多小女郎と申して-ありける/浮世草子・一代男 5
踊り子。 「女の-を揃へて踊らせける/浮世草子・置土産 4
歌舞伎社会の人間。芝居者しばいもの

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

歌舞伎者の関連情報