歌舞伎者(読み)カブキモノ

デジタル大辞泉の解説

かぶき‐もの【歌舞伎者】

並外れて華美な風体をしたり、異様な言動をしたりする者。だて者。
「近年は人の嫁子もおとなしからずして、遊女、―のなりさまを移し」〈浮・一代女・三〉
歌舞を演じるもの。踊り子。
「女の―を揃へて踊らせける」〈浮・置土産・四〉
歌舞伎役者。または歌舞伎社会の者。芝居者。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かぶきもの【歌舞伎者】

華美を好み、軽薄・異様な風体をする者。うわついた好色者。伊達だて者。 「むかしは博多小女郎と申して-ありける/浮世草子・一代男 5
踊り子。 「女の-を揃へて踊らせける/浮世草子・置土産 4
歌舞伎社会の人間。芝居者しばいもの

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かぶき‐もの【歌舞伎者】

〘名〙
① 並はずれて華美な風態をしたり、異様な言動をする者。特に、江戸時代初期にあらわれた反体制的志向を持つ遊侠(ゆうきょう)の徒や伊達者。
※慶長年録(17C初)一七年「大鳥井逸兵衛と申かふき者ありてめしとらるる」
② 一般に、①のような気風や態度を持っている者。
※仮名草子・可笑記(1642)三「其の女の父母、けんどん邪心の胴慾人か、又はかぶき者(モノ)にていんよくにふける人か」
③ 歌舞を演ずるもの。踊り子。
浮世草子・西鶴置土産(1693)四「大晦日(おほつごもり)に女のかぶきものを揃へて踊らせける」
④ 歌舞伎役者。また、歌舞伎社会の者。芝居者。
※浮世草子・好色一代女(1686)三「近年は人の嫁子もおとなしからずして、遊女かぶき者のなりさまを移し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

歌舞伎者の関連情報