無敵(読み)むてき

精選版 日本国語大辞典「無敵」の解説

む‐てき【無敵】

〘名〙 (形動)
① 相手になる敵がいないほど強いこと。また、そのさま。不敵。双。
※箚録(1706)「儒者のにも〈略〉仁者無敵などと云ることを引き、殊勝なること斗り云る」 〔孟子‐梁恵王・上〕
② 対抗できないほどはなはだしいこと。また、そのさま。
※滑稽本・戯場粋言幕の外(1806)下「むてきにどくづいてやれ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「無敵」の解説

む‐てき【無敵】

[名・形動]非常に強くて敵対するものがないこと。対抗できるものがないこと。また、そのさま。「無敵な(の)猛将」「天下無敵
[類語]強大強力強い最強力強い・勝負強い・屈強強豪強剛剛強一騎当千手ごわい精強多力強烈強勢パワフル強靭精鋭破竹の勢い手厳しい痛烈シビア厳しいきつい厳格厳重厳酷厳正冷厳峻厳しゅんげん峻烈しゅんれつ苛酷かこくこく鋭い激しい手ひどいこっぴどい辛辣しんらつすさまじい猛烈苛烈熾烈しれつ手強い

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android