精鋭(読み)せいえい

精選版 日本国語大辞典「精鋭」の解説

せい‐えい【精鋭】

〘名〙
① (形動) 勢いが強くてい力があること。また、すぐれて鋭いさま。
※経国集(827)一四・奉試賦挑燈杖〈春登善縄〉「謬汚舄印盤外落、眼分悵中挑」
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉九「一千八百九年(文化六年)タラベラの戦ありし後、法国精鋭の兵に囲繞せられし故」 〔管子‐七法〕
② すぐれた鋭い力をもった人やもの。特に、えりぬきのすぐれた兵士や艦船。
※日本外史(1827)二二「而公以参遠膠漆之民、加以甲信之精鋭
経国美談(1883‐84)〈矢野龍渓〉後「雷王自ら数万の精鋭を率ゐ法斯より潜行して」 〔藩岳‐関中詩〕
③ (━する) きわめて鋭くすること。
※近世紀聞(1875‐81)〈染崎延房〉四「征討の備を精鋭(セイエイ)武臣の職掌を尽し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「精鋭」の解説

せい‐えい【精鋭】

[名・形動]
強くて、勢いのいいこと。また、そのさま。「精鋭なチーム」
えり抜きのすぐれた人・兵士。「少数精鋭主義」「精鋭部隊」
[類語](1強い強力強大無敵最強力強い・勝負強い・屈強強豪強剛剛強一騎当千手ごわい精強多力強烈強勢パワフル強靭破竹の勢い/(2俊秀英俊俊英英才秀才俊才天才才人才子偉才奇才鬼才才女才媛才物異能

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「精鋭」の解説

【精鋭】せいえい

精兵。〔後漢書、銚期伝〕に因りて光武にきて曰く、~今始失、大統殆す。する無し。、河山の固めに據り、を擁(よう)し、以て人のを思ふ心に(したが)はば、則ち天下誰か敢て從はざらん。

字通「精」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

まん延防止等重点措置

新型インフルエンザ等対策特別措置法において定められた措置。2019年に中国で初めて確認され、その後世界中に感染が拡大した新型コロナウイルス感染症(COVID(コビッド)-19)対策の推進を図るため、2...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android