コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

淡島神社 アワシマジンジャ

3件 の用語解説(淡島神社の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あわしま‐じんじゃ〔あはしま‐〕【淡島神社】

和歌山市加太(かだ)にある神社。祭神は少彦名神(すくなびこなのかみ)。近世以来、婦人病に霊験があるとして信仰される。加太神社。旧称、淡島(粟島)明神。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

淡島神社

長崎県雲仙市にある神社。1812年創祀。祭神は少彦名命(すくなひこなのみこと)。安産子授け、縁結びの寺として知られる。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

淡島神社
あわしまじんじゃ

和歌山市加太(かだ)に鎮座。加太神社ともいう。祭神は少彦名命(すくなひこなのみこと)、大己貴命(おおなむちのみこと)、神功(じんぐう)皇后。『延喜式(えんぎしき)』にみえる古社で、もと友ヶ島の淡島に鎮座したが、のち現在の加太に遷座したという。俗に淡島明神(みょうじん)、淡島様とよばれ、近世盛んになった庶民信仰で名高く、婦人病、安産に霊験があるとされる。各地に祀(まつ)られている淡島神社の本社。また淡島神は住吉(すみよし)の妃(きさき)神ともいう。旧郷社。3月3日の雛(ひな)流しは有名。社宝に国指定重要文化財の太刀(たち)と兜(かぶと)がある。[飯尾直樹]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

淡島神社の関連キーワード浅間神社加太紀淡海峡吉備津神社白鬚神社住吉神社松陰神社加太和布黄金山神社都都古別神社

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

淡島神社の関連情報