コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加東 大介 カトウ ダイスケ

20世紀日本人名事典の解説

加東 大介
カトウ ダイスケ

昭和期の俳優



生年
明治44(1911)年2月18日

没年
昭和50(1975)年7月31日

出生地
東京市浅草区(現・東京都台東区)

本名
加藤 徳之助

別名
前名=市川 莚司

学歴〔年〕
東京府立第七中(現・墨田川高)卒

主な受賞名〔年〕
毎日映画コンクール助演男優賞(昭27年度)「おかあさん」,ブルーリボン賞助演男優賞(昭27年度)「おかあさん」「決闘鍵屋の辻」,ブルーリボン賞助演男優賞(昭30年度)「血槍富士」「ここに泉あり

経歴
大正5年6歳の時、宮戸座で初舞台。昭和4年2代左団次に入門、市川莚司と名乗る。8年前進座に参加。18年応召、南方戦線に従軍。21年復員、兄国太郎らと新技座を結成したが、23年映画界に入り、加東大介の名で「五人の目撃者」に出演。成瀬巳喜男監督「おかあさん」や黒沢明の「羅生門」「七人の侍」「用心棒」などで脇役として活躍。その後32年に「大番」のギューちゃん役で主演スターとなり、シリーズ化されて彼の代名詞となった。彼が戦争体験を書いた「南の島に雪が降る」は36年映画になり、その後テレビ・舞台化もされた。46年前進座の舞台に立ち、以降映画、テレビなどで活躍した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

加東 大介
カトウ ダイスケ


職業
俳優

本名
加藤 徳之助

別名
前名=市川 莚司

生年月日
明治44年 2月18日

出生地
東京市 浅草区(東京都 台東区)

学歴
東京府立第七中(旧制)卒

経歴
父は宮戸座の座付作者・竹柴伝蔵、兄は俳優の沢村国太郎、姉は女優・沢村貞子という俳優一家。父の影響で歌舞伎界に入り、大正5年6歳の時に宮戸座で初舞台。東京府立第七中学(墨田川高)を卒業後、昭和4年2代目市川左団次に入門、市川莚司と名乗る。8年前進座に参加し、山崎進蔵(のち映画俳優・河野秋武)、市川扇升(劇作家・小山内薫の息子)と並び“若手三羽烏”と称された。同年「段七しぐれ」で映画初出演。その後も舞台や映画で活動するが、18年応召し南方戦線に従軍。21年復員後は前進座を退団して兄・国太郎、姉・貞子らと新技座を結成して京阪地方に巡業するが、苦難が続いたため、23年大映京都と契約を交わして映画界に入る。同年東横映画製作の現代劇映画「五人の目撃者」に出演する際、市川莚司では古臭いとして加東大介に改名した。25年黒沢明監督の「羅生門」の出演者に抜擢されて注目を浴び、以後、黒沢監督の「生きる」「七人の侍」「用心棒」などで脇役として活躍。26年東宝と契約し、同年の森一生監督「決闘鍵屋の辻」と、27年成瀬巳喜男監督「おかあさん」で毎日映画コンクール及びブルーリボンの助演男優賞を受賞した。30年「血槍富士」「ここに泉あり」で再びブルーリボン助演男優賞。32年獅子文六原作・千葉泰樹監督の「大番」では主役の“ギューちゃん”を好演、シリーズ化されて33年まで計4本が製作され、“ギューちゃん”の名前は自身の代名詞ともなった。以降も「一本刀土俵入」「サラリーマン出世太閤記」「サラリーマン忠臣蔵」などで主役を張る一方、森繁久弥主演の〈社長〉シリーズや、成瀬監督の「晩菊」「浮雲」「流れる」「乱れ雲」などの名作に出演。36年南方戦線での体験を書いた「南海の芝居に雪が降る」(のち「南の島に雪が降る」に改題)はベストセラーとなり、同年自身の主演でテレビドラマ化、次いで映画化もされた。一方、NHK大河ドラマ「源義経」「竜馬が行く」「勝海舟」をはじめとするテレビドラマへの出演や、芸術座「有田川」「子を貸し屋」など舞台活動も続け、46年には久々に前進座の舞台に立った。50年結腸がんで入院し、同年死去。黒沢監督の「七人の侍」では生き残った侍の一人を演じたが、7人の演者の中ではもっとも早い死であった。他の出演作に映画「血槍富士」「ここに泉あり」「鬼火」「陸軍中野学校」などがある。

受賞
ブルーリボン賞助演男優賞(昭27年度 昭30年度)「おかあさん」「決闘鍵屋の辻」「血槍富士」「ここに泉あり」 毎日映画コンクール助演男優賞(昭27年度)「おかあさん」

没年月日
昭和50年 7月31日 (1975年)

家族
父=竹柴 伝蔵(狂言作者),兄=沢村 国太郎(俳優),姉=沢村 貞子(女優),息子=加藤 晴之(オーディオ製作者),孫=加藤 隆之(俳優)

親族
甥=長門 裕之(俳優),津川 雅彦(俳優)

伝記
木瓜の実―石井雪枝エッセイ集 石井 雪枝 著(発行元 ドメス出版 ’90発行)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

367日誕生日大事典の解説

加東 大介 (かとう だいすけ)

生年月日:1911年2月18日
昭和時代の俳優
1975年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

加東 大介の関連キーワード沢村国太郎(4代)女が階段を上る時筑豊のこどもたち『社長』シリーズ私は貝になりたい如何なる星の下に遙かなり母の国喜劇 一発勝負虹の中のレモンわたしの凡てを東京ド真ン中次郎長三国志小林 桂樹若い娘たち矢島せい子霧ある情事津川雅彦にせ刑事生年月日荒くれ

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android