コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤シヅエ かとう シヅエ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤シヅエ かとう-シヅエ

1897-2001 昭和-平成時代の婦人運動家,政治家。
明治30年3月2日生まれ。大正3年男爵石本恵吉と結婚。8年渡米しM.サンガー共鳴,昭和6年日本産児調節連盟を設立した。女性解放運動を展開し,12年人民戦線事件で検挙される。19年加藤勘十と再婚。21年女性初の衆議院議員(当選2回,社会党)。25年参議院議員(当選4回)。49年政界を引退し,日本家族計画連盟会長。63年国連人口賞。平成7年家族計画国際協力財団会長に就任。平成13年12月22日死去。104歳。東京出身。学習院女学部卒。旧姓広田。本名は静枝。著作に「ひとすじの道」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

加藤シヅエ【かとうしづえ】

政治家。東京都出身。本名静枝。旧姓広田。女子学習院中等科卒業。1919年に渡米し,秘書学を学ぶ一方,産児制限を提唱したマーガレットサンガーと出会う。1946年に第2次世界大戦後初の衆議院議員選挙で2番目の夫の加藤勘十(かんじゅう)とともに初当選。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

江戸・東京人物辞典の解説

加藤シヅエ

1897〜2001(明治30年〜平成13年)【婦人運動家】女性解放に100才を越える人生を捧げた。 婦人運動家の草分け。昭和期の婦人運動家・政治家。旧姓広田。本名静枝。東京都出身。女子学習院卒。石本恵吉男爵と結婚後、夫が技師として勤める三池炭鉱に居住。そこで直面した多産と貧困の問題は彼女の一生のテーマともなった。1919年(大正8)渡米して婦人運動家マーガレット・サンガーに共鳴、帰国後「生めよ増やせよ」の時代に産児調節運動を開始し、34年(昭和9)東京東京都品川区に産児制限相談所を開設。第二次大戦後、46年に初の総選挙で再婚した加藤勘十(かんじゆう)とともに日本社会党から当選、婦人代議士第一号となった。

出典 財団法人まちみらい千代田江戸・東京人物辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

かとうシヅエ【加藤シヅエ】

1897~2001) 女性解放運動家・政治家。本名静枝。東京生まれ。女子学習院卒。マーガレット=サンガーの影響を受け、女性の地位向上に尽力した。46年(昭和21)、日本初の女性国会議員の一人となった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の加藤シヅエの言及

【産児制限】より

…〈生めよふやせよ〉運動の中で産児制限論は完全に日本からしめ出され,第2次世界大戦の渦中にまきこまれていった。 敗戦とともにいち早くふたたび産児制限の声を上げたのは加藤シヅエで,これをスローガンとして政治運動を開始した。そして47年には日本産児調節連盟が結成されて全国的な活動を展開し,地方自治体の中でも神奈川,岡山,福岡,茨城などがこの運動を取り上げ,群馬,栃木,青森,秋田等々には官民の活動が盛んになった。…

※「加藤シヅエ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

加藤シヅエの関連キーワード百歳人、加藤シヅエ生きるマリ・クリスティーヌ婦人民主クラブ新マルサス主義加藤 シヅエ産児制限運動加藤 勘十

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android