コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

産児制限 サンジセイゲン

世界大百科事典 第2版の解説

さんじせいげん【産児制限】

M.サンガーが提唱したバース・コントロールbirth controlの訳語で,人為的に妊娠を避け,あるいは人工妊娠中絶などによって人口を制限することをさす。ただ人口を減少させるのが目的ではなく,人間文化の発展につれて自分の境遇を自分の手で変えていく一つの方法として重要な意義がある。家族にとって望ましいときに子どもが生まれてくるよう,妊娠,分娩に計画性を持たせることを家族計画といい,避妊などにより妊娠の時期を調節することを受胎調節というが,産児制限と必ずしも厳密に使い分けられてはいない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

さんじせいげん【産児制限】

人為的に妊娠や出産を避けて人口を制限すること。アメリカの M =サンガーが多産による貧困や女性の負担過剰からの解放運動として提唱。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の産児制限の言及

【家族計画】より

…家族全員の幸福のために,家族にとって最も適当な数の子どもを,最も適当な時期に適当な間隔で出産するように,妊娠,分娩に計画性をもたせること。単なる産児制限とは異なり,家族計画は〈生まれてくる子どもは,すべて望まれた子どもでなければならない〉という基本理念から出発している。家族計画family planningということばは,大恐慌以後の1930年代から欧米諸国で好んで使われるようになったが,その際にも産児制限(バース・コントロール)の技術より,それを実践する生活態度が強調されていた。…

【サンガー】より

…アメリカの産児制限運動指導者。看護婦学校を終了,結婚し3児をもうけた後,1910年ごろからIWWの労働運動などにたずさわった。…

【ストープス】より

…イギリスの産児制限論者。ロンドン大学で科学学士号,ミュンヘン大学で博士号(植物学)を取得後,マンチェスター大学の講師となる。…

【避妊】より

…避妊は医学的には〈受胎調節〉と呼ばれることが多く,社会制度上も母体保護法に受胎調節実施指導員の規定がある。似た言葉に〈産児制限〉〈家族計画〉がある。産児制限birth controlの語はかつてよく用いられたが,出産の制限をするというよりも受胎を制限することが目的であり,また〈制限〉の語感には抵抗もあることから,受胎調節の語が用いられるようになった。…

※「産児制限」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

産児制限の関連キーワードサンガー(Margaret Sanger)マーガレット・ヒギンズ サンガーリプロダクティブ・ヘルス/ライツマリー・C. ストープスサンガー マーガレットエマ ゴールドマン新マルサス主義E. シュルロゴールドマンマルサス主義一人っ子政策産児制限運動安田徳太郎ウィクセル加藤シヅエストープス黒田初子小栗貞雄山本宣治マルサス

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android