コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤正治 かとうまさはる

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

加藤正治
かとうまさはる

[生]明治4(1871).3.10. 長野
[没]1952.3.16. 神奈川,大磯
民事訴訟法および破産法学者。旧姓は平林,加藤正義の養子。 1897年,東京大学法学部卒業。 1903~31年同大学教授。この間,法律取調委員,法制審議会委員として商法,民事訴訟法,破産法などの立案に参与。 47年,枢密院顧問官として,日本国憲法の審議に参加した。 48年,中央大学総長に就任。主著『破産法研究』 (11巻,1912~53) ,『破産法要論』 (34) ,『民事訴訟法要論』 (新訂版,46) ,『強制執行法要論』 (新訂版,46) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤正治 かとう-まさはる

1871-1952 明治-昭和時代の法学者。
明治4年3月10日生まれ。36年母校東京帝大の教授となり,民事訴訟法,破産法などを講義。この間,民事訴訟法の改正,破産法の制定に指導的役割をはたした。昭和23年中央大学長。昭和27年3月16日死去。81歳。信濃(しなの)(長野県)出身。旧姓は平林。俳号は犀水。著作に「破産法研究」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かとうまさはる【加藤正治】

1871‐1952(明治4‐昭和27)
明治から昭和にかけて活躍した法律学者。長野県生れ。1897年東京帝国大学法科大学を卒業,同大学院在学中,日本郵船副社長の加藤正義の養子となる(旧姓平林)。1900年同大学助教授,03年教授となり,31年の定年退官まで,民事訴訟法・破産法・海商法等の講義を担当。この間,破産法・和議法の制定,民事訴訟法の改正等の重要な立法作業に主導的な役割を果たした。47年枢密顧問官,48年中央大学総長となった。主要著作に《破産法研究》(全11巻),《破産法要論》《民事訴訟法要論》等がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

加藤正治
かとうまさはる
(1871―1952)

法学者。名は「しょうじ」ともよばれる。明治4年3月10日長野県に生まれる。1897年(明治30)東京帝国大学法科大学卒業、1903年(明治36)同大学教授。31年(昭和6)定年退官後は中央大学総長、民事訴訟法学会会長、海法学会会長などを歴任した。東京帝国大学名誉教授、帝国学士院会員。東京帝国大学在職中は、民法、民事訴訟法、破産法などの講座を担当した。専門は民事訴訟法、破産法。政府の法律取調委員、法制審議会委員などとして、商法、民事訴訟法、破産法、和議法などの立法事業に参画し、とくに民事訴訟法、破産法、和議法の立法、法改正には中心的役割を果たした。47年(昭和22)には旧憲法下の枢密院の顧問官となり、日本国憲法などの審議に参与した。学問的にはとくに破産法研究の開拓者である。昭和27年3月16日に没。主要著書として『破産法研究』11巻、『破産法要論』『和議法要論』『民事訴訟法要論』『強制執行法要論』などがある。[本間義信]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

加藤正治の関連キーワードブルーカラー・ホワイトカラー

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

加藤正治の関連情報