コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤盤斎 カトウバンサイ

4件 の用語解説(加藤盤斎の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かとう‐ばんさい【加藤盤斎】

[1621~1674]江戸前期の国学者・俳人。摂津播磨とも)の人。別号、等空。細川幽斎松永貞徳に師事し、古典の注釈に力を注いだ。著「新古今増抄」「徒然草抄」「伊勢物語新抄」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤盤斎 かとう-ばんさい

1621-1674 江戸時代前期の国学者。
元和(げんな)7年生まれ。比叡(ひえい)山で天台をまなび,のち神道や儒学をおさめる。京都で松永貞徳に国学や和歌,俳諧(はいかい)・連歌をまなび,古典の注釈に力をそそいだ。延宝2年8月11日死去。54歳。摂津山田(兵庫県)出身。通称は新太郎。別号に等空,冬木斎,踏雪軒。著作に「新古今増抄」「徒然草抄」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

かとうばんさい【加藤盤斎】

1621‐74(元和7‐延宝2)
江戸前期の国学者。摂津の人。名は等空,通称新右郎。号は盤斎,冬木斎,踏雪軒など。俳号は灘淵,草子作者として影法師。松永貞徳に国学を学ぶ。北村季吟和田以悦,僧元政と同門。初め叡山で天台を,後に卜部家に神道を,貞徳の父昌三に儒学を,石川丈山に詩文を学び,書道にも優れる。《清少納言枕草子抄》,《長明方丈記抄》(1674),《伊勢物語初冠》《徒然草抄》《三部抄増注》ほかの注釈書がある。【萩谷 朴】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かとうばんさい【加藤盤斎】

1621~1674) 江戸前期の和学者。摂津(一説に播磨)の人。号、踏雪軒など。和歌を松永貞徳に学ぶ。著「新古今増抄」「方丈記抄」「清少納言枕草紙抄」「俳諧談」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

加藤盤斎の関連キーワード中川経盛岡本宗好堤盛尹宮後朝貞藤波氏守松木満彦桜井信景津の国包次村居三弥

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone