コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加賀ノ潜戸 かがのくけど

3件 の用語解説(加賀ノ潜戸の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

加賀ノ潜戸【かがのくけど】

島根県八束(やつか)郡島根町,島根半島北岸にある洞門と洞窟(名勝・天然記念物)。玄武岩,集塊岩などが海食により主洞約182mの洞門(新潜戸)と,入口の高さ9mの洞窟(旧潜戸。
→関連項目島根[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かかのくけど【加賀ノ潜戸】

島根県北東部,島根半島北岸の景勝で,日本海に突出する潜戸鼻先端の懸崖にある洞門と洞窟をいい,名勝,天然記念物に指定されている。中生層を破って噴出した集塊溶岩,凝灰岩質集塊岩,玄武岩が海食をうけて生じた。岬の南側にある洞窟は旧潜戸と呼ばれ,洞内に方解石の脈をはさんで鍾乳石をつくり,天神,御乳石という。仏教信者は洞窟を賽(さい)の河原と呼んでいる。岬の北側にある洞門は新潜戸と呼ばれ,長さ約182mで,一直線をなす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

加賀ノ潜戸
かがのくけど

島根県北東部、島根半島日本海海岸の景勝地。大山隠岐(だいせんおき)国立公園に含まれ、国指定名勝・天然記念物。玄武岩質集塊岩、凝灰岩、玄武岩などで構成される海岸が海食によって断崖(だんがい)絶壁や洞穴を形成する。洞穴は加賀港入口の旧潜戸(高さ90メートル)と岬北端の新潜戸(高さ40メートル、洞穴の延長200メートル)からなる。旧潜戸には地蔵尊と賽(さい)の磧(かわら)があり、幼子の霊を祀(まつ)る。松江市島根町の加賀港から新潜戸洞穴まで、船底がガラス張りになっているグラスボートが運航される。近くに桂島(かつらじま)海水浴場がある。[野本晃史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

加賀ノ潜戸の関連キーワード隠岐諸島島根半島島後島前中海日御碕美保湾佐陀川美保の北浦

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone