コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

労働貴族 ろうどうきぞく labour aristocrat

5件 の用語解説(労働貴族の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

労働貴族
ろうどうきぞく
labour aristocrat

一般の労働者よりも高い賃金および高い地位を得ることにより,価値観,世界観がプチブルジョア化した特権的労働者層をさす。イギリス資本主義の発展段階で植民地収奪に基づく超過利潤分け前にあずかり,経済的,社会的地位の改善をはかった熟練労働者をその典型とする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ろうどう‐きぞく〔ラウドウ‐〕【労働貴族】

一般の労働者よりも特別に高い賃金や社会的地位を得ている特権的な労働者層。また、大企業の労使協調的な労働組合幹部をさすこともある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ろうどうきぞく【労働貴族 labor aristocrat】

労働運動の指導者でありながら資本の利益を守り,それによって特権的な利権を得ているものの呼名。労働者の中の貴族の意。F.エンゲルスが著書《イギリスにおける労働者階級の状態》1892年版の序文で,当時クラフト・ユニオンを組織し,排他的な手段によって職業ごとの利益を追求していた熟練労働者を非難してこのように呼んだことから,大衆的労働運動を主張していた人々の間でこの言葉が普及した。20世紀に入って労働組合が大衆化し,組織規模が巨大化するにともなって,労働組合役員が固定的な層になると,これを批判して労働官僚と呼ぶ例があらわれたが,ほぼ同じ意味で使われている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ろうどうきぞく【労働貴族】

一般の労働者より有利で高い賃金・条件を得て、ブルジョア化した意識や生活様式をもつ労働者層。また、資本家の利益を守ることにより特権的利益を得ている労働組合幹部。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

労働貴族
ろうどうきぞく
labour aristocrat英語
Arbeiteraristokratドイツ語

一般の労働者よりも特別に高い賃金と安定した社会的地位を得て、生活意識面でも小ブルジョア化した労働者層。労働者階級中のこのような特権層を基盤として労働官僚が形成される。労働官僚とは、労働組合、政党その他の労働者関係の諸機関の内部で指導的地位にありながら、労働者大衆から分離し、官僚化し、日和見(ひよりみ)主義的路線をとる幹部をさす。
 帝国主義段階の労働運動の特徴を説明しうるものとして労働貴族論を展開したレーニンによれば、帝国主義の諸矛盾が激化するのに伴い、支配階級は、抑圧機構を強化する一方、他方では労働者階級内に特権層を育成することによって労働者階級の分裂工作を行うようになる。歴史的にみると、19世紀後半以降、イギリスをはじめとする発達した資本主義諸国の独占資本は、内外にわたる経済的・政治的特権を通じて膨大な特別超過利潤を獲得し、それを経済的基盤として機械工などの熟練労働者を中心とする上層労働者の経済的・社会的地位を向上させることができた。このようにして形成された労働貴族を基盤として労働官僚が、「労働運動の内部におけるブルジョアジーの真の手先、資本家階級の労働副官、改良主義と排外主義の真の伝達者」として機能することによって「ブルジョアジーの主要な社会的支柱」(レーニン)が確立されるに至った。
 しかし、帝国主義諸国間の闘争の激化、国内矛盾の激化、社会主義的潮流の強大化などの結果、今日では、19世紀後半のイギリスでみられたような広範な労働貴族層を基盤とする安定した日和見主義的潮流の存在は不可能となった。とりわけ技術革新、生産過程の機械化・自動化の結果、特殊な熟練に基づく19世紀的労働貴族層の地位は決定的に低下した。しかし他面では、労働者諸組織の量的成長、国家の経済的活動分野の拡大などが、多くの労働官僚を生み出す基盤をつくりだしている。[富沢賢治]
『レーニン著、宇高基輔訳『帝国主義』(岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

労働貴族の関連キーワードゴンパーズフューラー労働運動オルグだら幹資本効率レチン近藤憲二集積の利益・不利益レカバレン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone