コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

動態統計 どうたいとうけいdynamic statistics

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

動態統計
どうたいとうけい
dynamic statistics

ある変量の時間的変動,たとえば週ごと,月々,四半期ごとの変動をとらえることを目的に作成される統計をいう。これに対して何年何月何日の変量の状態を調べる統計を静態統計と呼ぶ。日本における動態統計の代表的なものは,経済産業省などで行なっている生産動態統計調査,厚生労働省の人口動態統計調査,毎月勤労統計調査農林水産省の農家経済調査,総務省の家計調査などがある。なお経済変量に関する動態統計には季節変動の影響が含まれているので,動態統計を利用するときには,季節変動を除去して利用する必要がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

どうたい‐とうけい【動態統計】

ある集団的事象の一定期間における変化に関する統計。毎月勤労統計調査など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

どうたいとうけい【動態統計 current statistics】

社会経済の特定部門,あるいは産業などにおいて,時間的な変化を表した統計のことをいう。動態統計は業務統計や標本調査によって作られるものが多いので,一定時点における構造を把握するためには,センサスや大規模調査によって得られる構造統計と結びつけて用いなければならない。主要な動態統計には出生・死亡届,婚姻・離婚届に基づいて作られる人口動態統計,毎月の調査によって得られる工業に関する生産動態統計などがある。【竹内 啓】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

どうたいとうけい【動態統計】

一定期間におけるある事柄の変化に関する統計。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の動態統計の言及

【統計】より

…前者を第一義統計,後者を第二義統計あるいは業務統計という。業務統計の主要なものには出生・死亡,婚姻・離婚の届出にもとづいて作られる人口動態統計,税関の申告書にもとづいて作られる通関貿易統計などがある。 統計調査はセンサス,構造統計,動態統計の3種類に分けて考えることができる。…

※「動態統計」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

動態統計の関連キーワードゴルフ場と練習場の来客数脳卒中の三つのタイプ山梨県の自殺死亡率ステップファミリー孤立死(孤独死)都道府県別生命表鉱工業生産指数産科的肺塞栓症特サビ実態調査人口動態調査人口減少元年自殺の統計自殺死亡率簡易生命表商業統計肺塞栓症疾病構造雑貨工業婚姻統計工業統計

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

動態統計の関連情報