季節変動(読み)きせつへんどう(英語表記)seasonal variation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

季節変動
きせつへんどう
seasonal variation

時系列の経済統計にみられるもので,季節的な原因によって引起される変動。一般に天候などの自然現象,社会の制度,慣習などに起因する。日本の場合には典型的な季節変動が3月,9月の決算期やボーナス期の企業,賃金,金融関係などの統計の動きに強く現れるが,このほか3ヵ月や1ヵ月といった,より短い期間で規則的に変動する時系列も季節変動と同様に扱うことができる。この時系列経済統計の季節変動を指数化したものを季節指数といい,通常は四半期データまたは月別データの1年間の平均を 100として,それぞれ当該期の四半期ないしは月別データの季節変動を指数化して表わす。季節指数は季節変動自体の分析目的のために用いることもあるが,通常は時系列の季節変動を除去するためにこれを利用する。経済分析に際してはこうした季節変動を除去しないと,当該時系列の趨勢変動が見失われることが多く,こうした季節変動を除去した時系列を季節調整値と呼んでいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きせつへんどう【季節変動 seasonal variation】

経済変数が毎年毎年1年の中でほぼ決まった形で示す変動のこと。例えば日本における賃金の支払額は毎年決まって6月,7月,および12月に高くなる(大半の企業のボーナス支給月にあたるため)。このような意味で季節変動は1年の中の変化のパターンとしてはほぼ決まっているものであるが,6月の賃金支払額が毎年1月のそれにある定まった数値をかけて得られるというほど厳密なものではない。また季節変動のパターン自体は春夏秋冬移り変りのような自然現象に起因していることが多いが,それに対応してどのような社会的慣習,経済的制度が形成されるかによって変化しうるものである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の季節変動の言及

【経済統計】より

…月次および四半期データは短期的な経済動向を把握するのが目的で,景気観測などに利用される。また,これらのデータは1年を周期とする変動=季節変動を含む場合が多いので,これを除外した季節調整データも同時に作成される。一方,年次および特定年次データは長期的な経済現象の変化を把握するのが目的で,構造分析や成長分析などに利用される。…

※「季節変動」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

GAFA

グーグル(Google)、アップル(Apple)、フェースブック(Facebook)、アマゾン(Amazon)の4社のこと。頭文字を取って称される。いずれも米国を代表するIT企業であり、4社は世界時価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

季節変動の関連情報